どうすれば死ぬ事への恐れを克服する事ができますか?



 

質問: どうすれば死ぬ事への恐れを克服する事ができますか?

答え:
どんなに敬虔なキリスト者でも死を恐れる事があり、死を避けようとする事は普通です。死は神の創造のご計画に含まれていませんでした。私たちは聖くなり、パラダイスで神と交わるために創造されたのです。死が世界に入ったのは罪が世界に入り込んだからです。死は恵みによるものです。それは、私たちは死ななければ罪にまみれたこの世から解放されないからです。

上の知識を持っていても、それは私たちの死に対する本能的な反応を変えないかもしれません。私たちの肉体の儚さと、人々の突然の死の数々は私たちは私たちがこの危険な世界で支配者ではない事を思い起こさせて下さいます。私たちは私たちのうちにおられる方が、この世のうちにいる、あの者よりも力がある(Iヨハネ4:4)、また主は私たちの住まいを備えに天に行かれた(ヨハネ14:2) という素晴らしい希望を持っています。しかしそれ以外にも日常的なレベルでの、恐れの原因となっている可能性がある物について考えてみましょう。これらの恐れの原因にも神は答えをくださっています。

無知への恐れ
死ぬとはどんなでしょう?たましいが肉体を去る時、私たちは何を見るのでしょうか?ある人々が証言しているように眩しい光を見るのでしょうか?親戚が見えるのでしょうか?

死の経験がどんな物かを知る人はいませんが、聖書には何が起こるかについて書いてあります。IIコリント5:6-8とピリピ1:23には私たちがこの肉体を離れる時、主のみもとに行くと書いてあります。なんと素晴らしい希望でしょうか!キリストが再び来られてキリスト者を復活されるまで私たちはその状態に止まり(Iコリント15:20-22, 6:14)、その後新しい、栄光の体を与えられるのです。

コントロールを失う事への恐れ
大人になるまでに、私たち人間は周りの世界とどのように上手に付き合えばいいのかを学び、どこで必要な情報を得て、必要な物を手に入れて、どうすれば行くべきところに行けばいいのか等を知るようになります。

神を信じている人々も含め、多くの人は自分が必要と思う物を手に入れる事ができない事を恐れ、そのためには状況や人々を操り、利用する必要があると感じているのです。恐れに支配され周りの状況や人々を操ろうとしている人にあった事があなたにもあるでしょう。彼らは神が必要な物を全て備えてくださるとは信じておらず、自らの力にのみ頼って生きているのです。彼らh神にも人にも信頼せず、自分が必要だと信じ込んでいる物を要求して生きています。

彼らは死というコントロールできない事を非常に恐れているはずです。イエスがペテロに彼の死について「まことに、まことに、あなたに告げます。あなたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」(ヨハネ21:8)と言われました。この言葉を受け取る前、ペテロは恐れに打ち負かされ、イエスを知らないと言いましたが、イエスが天に昇って行った後、ペテロはキリストのための情熱が状況を操作する願望より勝っている新しい人物に変わりました(使徒5:17-42)。聖霊は彼に試練と向き合う力を与えたのです。

残された者達についての恐れ
キリスト者にとって死とは「隔離」です。霊的は神からの隔離であり、肉体的死は肉体とたましいの隔離であり、同時に地上の愛する人々からの一時的な隔離も意味します。愛する人々もキリストを信じて救われているならば離れ離れになる時間は永遠と比べると無いに等しいものであるとわかっています。彼らが不信者であるならば、永遠に行く場所の行き先が違うので、一緒にいるこの時間を最大限に用いて、永遠を同じ場所で過ごせるようにイエスにある救いを伝える事が必要でしょう。しかし選択権は私たちではなく彼らにあるのです。

死に方についての恐れ
自分の死に方どんな物かを知っている人は多くありません。短く、痛みも無い死、寝ている間の死、長い、痛みを伴う死、病死、など、その謎とそれに対して準備ができない事が恐れを誘うのです。一方、不治の病にかかっていてどのように死ぬかを知っていたとしても、死は恐ろしい物です。

死の瞬間は一瞬であり、それは全ての人々が経験し、やがて経験するのです。キリスト者は皆ピリピ3:20-21の「けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。キリストは、万物をご自身に従わせることのできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じ姿に変えてくださるのです。」というみ言葉を信じる事ができます。

私たちは死を迎える備えをし、周りの人々がそうする事の手助けをする事によって私たちは恐れを和らげる事ができるでしょう。下がそのステップです。

死の恐れに打ち勝つための実用的なステップ
多くの人は数ある責任、けじめのついていない数々の事等を思い、まだ生きている必要があると感じているでしょう。しかしこの地上生涯での責任は死を取り消しません。ですから備えをする事によって恐れに打ち勝つ事ができるのです。

あなたを頼りにしている商売、家族や人々がいるならば、誰が彼らの世話をするか、誰があなたの代わりを務めるかを考え、その人と具体的に話をしましょう。遺言を書き、必要な書類の数々を揃え、わかりやすい場所に置いておきましょう。壊れている人間関係があるのならば、手遅れになる前にその人と和解をしましょう。しかし死ぬために生きないように気をつけましょう。準備をするのと、没頭する事は違います。

死の恐れに打ち勝つための身体的なステップ
脳死など、動けなくなった際に何が起こるべきかについて強い信念を持っているならば、今のうちに誰かに伝えておきましょう。病気や事故によって意思の疎通ができなくなり、状況をコントロールできなくなる可能性は大いにあります。尊厳死の希望を書き留めておき、どこにそれがあるのかを伝えてお久か、信頼できる誰かに万が一の時に決断をしてくれるように頼んでおきましょう。

死の恐れに打ち勝つための霊的なステップ
死について考える上で何よりも大切な事はいのちについての真実です。あなたは家族の事を愛していると思いますが、神はあなたよりもずっとあなたの家族の事を愛しています。あなたは地上でのあなたの遺産について心配しているかもしれませんが、神は天の観点を持つ事の方を重要とされています。どんな書類を通しても得る事のできない、比べる事のできないほどの平安は神にとどまるというシンプルな行動を通して得られるのです。

この地上生涯の歩みをしている最中はこの人生が一時的な物である事を思い出す事は容易ではありません。Iヨハネ2:15-17には「世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。世と世の欲は滅び去ります。しかし、神のみこころを行う者は、いつまでもながらえます。」と書いてあります。これを思い出すためには私たちは神にとどまる必要があります(Iヨハネ2:24)。神のみ言葉の真実にとどまり、神が私たちとこの世界について教えておられる事を信じる事で地上生涯と天国での永遠のいのちについての正しい観点を得る事ができるのです。

永遠の観点を保つならば、私たちはIヨハネ3:1-3のみ言葉「私たちが神の子どもと呼ばれるために、―事実、いま私たちは神の子どもです―御父はどんなにすばらしい愛を与えてくださったことでしょう。世が私たちを知らないのは、御父を知らないからです。愛する者たち。私たちは、今すでに神の子どもです。後の状態はまだ明らかにされていません。しかし、キリストが現れたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。キリストに対するこの望みをいだく者はみな、キリストが清くあられるように、自分を清くします。」を成就するのです。その時私たちがこの世のものでは無い事は明確になり、それは人々にも伝わるでしょう。私たちは又神の子供としてキリストのようになる、そしてキリストのありのままの姿を見る日を待ち望みながら生きるのです。



日本語のホームページに戻る



どうすれば死ぬ事への恐れを克服する事ができますか?