どうすれば振られた時などの拒絶感に打ち勝つ事ができますか?



 

質問: どうすれば振られた時などの拒絶感に打ち勝つ事ができますか?

答え:
私たちは失望や拒絶を感じ安く、特に恋愛などが終わってしまった時などには深く傷ついたりします。しかし、新生されたキリスト者として、私たちは神のみ言葉を通して癒しと明確な導きをそのような状況の中で受ける事ができます。誰かに振られてしまったから、私たちが魅力がないというわけではありませんが、私たちは簡単にその時の失望に私たちをコントロールする事を許し、自分のアイデンティティーを定義させるか、人の意見よりもずっと重要で永遠に変わる事のない物を信じて前に向かうという事を選ぶ事ができます。

それは何でしょうか?キリスト者の私たちにとって、私たちがキリストにあって誰であるかこそがその重要で変わる事のない物です。私たちは新生された時に次の約束を受け取りました。「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。神は、みむねとみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました。それは、神がその愛する方にあって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです。」 (エペソ1:3-6)

私たちはこのような祝福を受けるに値せず、それを自分の力で得ることもできませんが(エペソ2:8-9)、主イエスキリストはご自分によって私たちが神に受け入れられるという霊的祝福を与えてくださいました。この神から受け入れられる事こそが恵みの賜物であり、神のみ言葉に基づいていない私たちの全ての感情のはるか上に輝いている真実なのです。この真実を信仰を持って受け入れるならばこれは私たちの心と日常生活で真実となるのです。

自分の感情にしたがって生きる生活は苦痛に満ちています。堕落した、罪に汚れたこの世に生きる私たちは傷つき、失望します。その傷と失望に対しどう反応するかによって私たちが力を受け、主とともに歩めるか、傷ついたママ歩むかが決まってきます。上の結果のどちらも私たちの決断次第です。神の恵みと慰めは私たちが主にあって休む際にいつでも受けることができます。新生された神の子供は皆これらの恵み必要をキリストにあって与えられていますが、それを受け取るかどうかは私たち次第なのです。これは銀行口座にある一億円を食費に使う事なく餓死する事と似ています。

キリスト者である私たちは過去の失敗や、失望、また他人からの拒絶によって定義されません。私たちは神の子供であり、新しいいのちに生れ変わり、全ての霊的祝福を受け、キリストイエスにあって受け入れられた者なのです。これこそが、勝者として歩む秘訣なのです。私たちは使徒パウロが「肉」と呼んだ自分の力に頼って歩むか、聖霊の力によって歩むかという選択肢があります。神は私たちに武具を与えてくださいましたが(エペソ6:11-18)、それを信仰を持って装備するかどうかは私たち次第なのです。

ですから、あなたが神の子供であるなら、この地上生涯で失望する事があっても、王の子供であるあなたにとってその拒絶は小さな物です。あなたには神の子供としての祝福を選び、恵みによって前進するという選択肢があるからです。人と自分を赦すという賜物をあなたが与える事ができるのは、私たちがそれを主イエスキリストから受け取っているからです(エペソ4:32)。



日本語のホームページに戻る



どうすれば振られた時などの拒絶感に打ち勝つ事ができますか?