イエス.キリストは何年にお生まれになったのですか?



 

質問: イエス.キリストは何年にお生まれになったのですか?

答え:
聖書はイエスが正確に何日にベツレヘムでお生まれになったか、又は正確に何年にお生まれになったかさえ、記していません。しかし、少し詳しく歴史の順を調べると、適切な可能性の時間の窓を絞り出すことができます。

イエスの誕生の聖書的詳細は福音書にあります。マタイ2:1はイエスはヘロデ王の時代にお生まれになったと言っています。ヘロデは紀元前4年に死んでいるので、そこから考えることができます。さらに、ヨセフとマリヤがイエスを連れてベツレヘムから逃げた後、ヘロデはベツレヘム周辺の2歳以下の男の子を殺すように命令しました。これはヘロデの死ぬ前に イエスは2歳ぐらいだったことを示しています。それで、イエスの誕生は紀元前6-4年だったということになります。

ルカ2:1-2は考慮すべきいくつかの他の要因を記録しています。「その頃、全世界の住民登録をせよと言う勅令が皇帝アウグストから出た。これはクレニオがシリヤの総督であった時の最初のじゅみん登録であった。」皇帝アウグストは紀元前27年から紀元14年まで君臨したことを私たちは知っています。

クレニオは同じ時期にシリヤを支配していて、紀元前6年ごろにユダヤ地方を含める住民登録がしたことが記録に残っています。学者の幾人かは、これがルカが記録している住民登録かどうか討議します。しかし、実際これは同じ出来事のように見えます。これら歴史的詳細によると、ベツレヘムでのキリスト誕生の最もらしい時は紀元前6-5年です。

ルカは、この時間に関してもう一つの詳細を述べています。「教えを始められた時、イエスは30歳で、」(ルカ3:23)イエスは、バプテズマのヨハネが荒野で教えていた時に、宣教を始められました。ヨハネの宣教は、「皇帝テベリオの治世の第十五年、ポンテオ.ピラトがユダの総督、ヘロデがガリラヤの国主、その兄弟ピリポがイツリヤとテラコテ地方の国主、ㇽサニヤがアビレネの国主であり、アンナスとカヤパが大祭司であったころ、神のことばが荒野でゼカリヤの子ヨハネに下った。」で開始されました。(ルカ3:1-2)

以上すべての事実があてはまる時期は紀元27-29年です。イエスが紀元27年に30歳になられたのなら、その誕生が紀元前6-4年の間のいつかになり、歴史の年代順にちょうど合います。もっと特定すると、イエスは宣教を始められたころには約32歳になっておられました。(″約30歳ごろ″)

ではイエスの誕生日はどうでしょう?伝統的な12月25日は新約聖書の期間のはるか後になって決まりました。この日はクリスチャンが、イエスの誕生を祝うために同意して決められましたが、正確な誕生日はわかっていません。

知られていることは、聖書的、歴史的詳細によると、誕生のだいたいの年です。イエスはベツレヘムで、紀元前6-4年ごろにその母マリヤにお生まれになりました。イエスの降誕は歴史と共に、数えきれない人々の生活を永遠に変えました。



日本語のホームページに戻る



イエス.キリストは何年にお生まれになったのですか?