霊とまことによって主を礼拝するとはどういう意味ですか?


質問: 霊とまことによって主を礼拝するとはどういう意味ですか?

答え:
"霊とまことによって"主を礼拝するという考えは、ヨハネ4:6-30で井戸に水を汲みに来た女性とイエスの会話から来ています。その会話の中で女性は、サマリヤ人はゲリジム山で礼拝した一方、ユダヤ人はエルサレムで礼拝していたと言って、礼拝をする場所についてイエスと議論していました。 イエスはちょうど彼女の多くの夫について知っていると言われただけではなく、今一緒に住んでいる男は夫ではないという事実も言われたばかりでした。これは心地よくないので、彼女は個人的生活から宗教の問題にイエスの注目をそらそうとしました。イエスは真の礼拝についてのレッスンから注意をそらすことを拒み、問題の中心を突かれました。 「しかし、真の礼拝者たちが霊とまことによって乳を礼拝するときが来ます。今がその時です。父はそのような人々を礼拝者として求めておられるからです。」(ヨハネ4:23)

霊とまことによって主を礼拝することについての全般的なレッスンは、神を礼拝することは一つの地理的場所に限定されていないし、また一時的な備えである旧約聖書の律法によって必ずしも規制されていないということです。キリストの来臨によってユダヤ人と異邦人の間の壁ははもう適切でなくなるだけでなく、神殿で礼拝は中心ではなくなりました 。キリストの来臨で、神の子供たちすべてに、キリストを通して平等に神に近づく権利が与えられました。礼拝は外面的な行動ではなく心の問題となり、儀式よりも、真理によって導かれるようになりました。

申命記6:5で、モーセはイスラエル人にどのようにして神を愛すべきかを書き記しました。「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなた方の神、主を愛しなさい。」私たちの神への礼拝は神への愛によって導かれています。私たちが愛すように、礼拝するのです。 なぜなら、ヘブル語の"力‴ということばは、全体、完全性を示しているからです。イエスはこの表現を拡大して、"思い""知性""力"と言われました。(マルコ12:30;ルカ10:27). 霊とまことによって神を礼拝するためには、心、たましい、知性と力を尽くして神を愛すことが必ず含まれます。

真の礼拝は、"霊によって"、つまり心全体がたずさわっていなければなりません。神に対する本当の情熱がなければ霊による礼拝はありません。同時に礼拝は"真理による"べきです。つまり、適切な情報を得て。 私たちが礼拝する神 に関する知識がなければ、真理による礼拝はありません。満足できる神を讃える礼拝には両方とも必要です。真理のない霊は、軽薄で必要以上に感情的な経験になり、そのような経験は、麻薬などによる恍惚状態と比較されることもあります。 感情が過ぎる、または熱が下がるとすぐに、礼拝も過ぎ去ります。 霊のない真理も、結果的に退屈で情熱のない出会いになることがあります。そのような出会いは喜びのない律法主義的なものになりかねません。礼拝についての両方の面(霊とまことによって)の最善の結合は、聖書の知識を通して喜んで神に感謝するように導きます。神について知れば知るほどより神に感謝します。神に感謝すればするほど、私たちの礼拝はより深い礼拝になります。私たちが深い礼拝をすればするほど、神の栄光が讃えられます。

礼拝において霊とまことが併合することについて、18世紀のアメリカの牧師で神学者であるジョナサン.エドワーズが上手に要約しています。「私の義務は、説教を聞く人の愛情(感情)をできる限り高く持ち上げることだと考えます。もちろん彼らが真理だけに影響されていることが条件です。」と彼は言いました。エドワーズは真理だけが、神の栄誉を讃えるように適切に感情を動かすことができると認識していました。 神の真理には無限の価値があるので、無限の情熱に値するものなのです。

English


日本語のホームページに戻る
霊とまことによって主を礼拝するとはどういう意味ですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける