クリスチャンは世界平和を促進していくべきでしょうか?



 

質問: クリスチャンは世界平和を促進していくべきでしょうか?

答え:
世界平和というのは美しい理想ですが、イエスが再臨する時にやっと実現されるものです(ヨハネの黙示録 21:4)。その時が来るまで、世界中が平和になることは決してありません。イエスは、その再臨の日まで「戦争のことや、戦争のうわさ」があり、「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上が」るだろうと言われました(マタイの福音書 24:6-7)。世界の歴史において、どこかで誰かが他の誰かと争っていない時代は一度もありませんでした。多数の国々を巻き込んだ世界大戦であるにせよ、民族や士族の絡んだ局地的な小競り合いであるにせよ、人間は常に互いに戦ってきました。

人間がどんなに頑張ってみても世界平和を実現することは決してできないと知っていながら、私たちがそれを促進することは聖書的ではありません。寛容や共有を奨励して慈善事業に寄付をすることはクリスチャンにとって確かに適切なことである一方、私たちはキリストのみが世界平和をもたらすものであることを理解して、それをイエスの名においてなすべきです。すべてのものが膝をかがめ、すべての口がイエス・キリストは主であると告白する(ピリピ人への手紙 2:10)までは、本物の持続的な長続きする平和は存在しえません。その時まで、クリスチャンは「すべての人との平和を追い求め、また、聖められることを追い求め」なければなりません。「聖くなければ、だれも主を見ることができません。」(ヘブル人への手紙 12:14)。

クリスチャンとして私たちは、人類の堕落のせいで、私たち自身の行動によっては完全な平和が絶対に達成されることはないことを覚えつつ、争いの代わりに平和を促進していくべきです。私たちの信仰は、やはり、神と、平和の君であるイエス・キリストにあるのです。キリストが来て世界を新しくし、真の平和をもたらすまでは、世界平和は夢でしかあり続けません。私たちの最も重要な仕事は、他の人たちに彼らには救い主が必要であることを確信させることです。その救い主とは、個人と神との間に平和をもたらすことのできるお方です。「ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」(ローマ人への手紙 5:1)。それならば、神との平和、つまりキリストを通して神と和解させられる(コリント人への手紙 第二 5:20)ことのメッセージを世界に伝えること、これが私たちが世界平和を促進する道なのです。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンは世界平和を促進していくべきでしょうか?