なぜ職場で自分の信仰について話すべきですか?


質問: なぜ職場で自分の信仰について話すべきですか?

答え:
キリストに従う者として、どんな状況の中でも進んで信仰について話すべき多くの理由があります。しかしながら、職場での場合、もう一つ考慮すべきことがあります。従業員として、ある決まった時間内に私たちの働きの全部の利益 を雇い主にゆだねる約束を私たちは雇い主にしています。良いクリスチャンの証し人として、私たちはこの約束をまず守らなければなりません。福音を伝える努力が私たちがすべき仕事の義務の妨げになってはいけません。(1テサロニケ5:12-14)もしそうしたら、私たちの行動は私たちのことばを裏切ることになって、証し人としての信用はなくなります。 それで、私たちは雇い主にとって、熱心なベストの働き手となるように努力すべきです(コロサイ3:23)これは、のちに信仰について話すとき、私たちのことばにいくらか権威を与えます。

自分の信仰を伝える多くの理由の中に三つの命令があります。

1) 私たちの救い主イエス.キリストが命令しておられます。地上での最後の時に弟子たちと過ごされた間にイエスはどんなことでも話すことができました。彼らに言われたことは、 神の祝福と力で、彼らは行って、人々が救いのための力とイエス.キリストとの祝福された関係を知るようになるために福音を宣べ伝えなさいということでした。(マタイ28:18-20)

2) 義務が要求しています。私たちがキリストによって贖われたのなら、私たち自身のものでないものを与えられたのです。 神の恵みがなかったら、私たちは永遠に失われていたのです。私たちのほとんどが信仰と救いを与えられたのは、誰かが福音を伝えてくれたからです。それなら、どうして他の人たちに同じことをしてあげないでいられるでしょう? イエスは私他h氏が無料で受け取ったように、他の人に無料であげなさい(マタイ10:8)と言われました。私たちは失われた人たちへの神のメッセンジャーとして神に託されたのです。(使徒伝1:8;1テサロニケ2:4)

3) 感謝の気持ちが、駆り立てるのです。心からの感謝という態度は、イエス.キリストの本当の信者である多くのしるしの中のひとつです。 自分自身の心の堕落状態を正直 に探れば探るほど、赦しを与えられたことがいかに偉大なことか認識できて、私たちを贖ってくださった神にますます感謝するのです。 この感謝の気持ちは私たちのためにしてくださったこと―自分ではできなかったこと―の称賛を神に向けるという形で表現されるのです。神に感謝する最高の方法は、神が私たちのためにしてくださったことの栄光を神に帰すことです。そして他の人に神の偉大な愛とあわれみについて伝えることです。

職場ではどのようにして福音を伝えることができるでしょう?第一に″沈黙"の証しがあります。―まったく言葉なしに雄弁に語るもの。忠実、誠実な従業員であることです。雇い主や同僚の悪口を言わない人です。誰も完璧な雇い主、又は完璧な同僚と働くということはありませんが、もしコロサイ3:23に書いてあるような態度で、「何をするにも, 人に対してではなく、主に対してするように心からしなさい。」という態度で働くなら、すべてのことを神のためにして、唯一真の完璧な雇い主である神の栄誉をもたらすことになります。私たちが神のために働くとき、仕事上でのストレスを扱ったり、他の人を優しく、忍耐を持って扱う能力が私たちを同僚の中で目立つようにするのです。他の人が私たちの態度に気づくと、彼らは例外なくそのことをコメントするようになります。 それで、私たちが本当は誰に仕えているか神が私たちの人生にどんな衝撃を与えてくださったか説明するチャンスが与えられます。つまり、時には話す機会を得るためには行動で示す必要があるのです。

信仰について話すためのドアが開いた時、「あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には誰にでもいつでも弁明できるように用意をしていなさい。」(1ペテロ3:15)これは、そのようなオープンドアの時の準備のために聖書研究を熱心にしていなければならないという意味です。もし私たちが、「キリストのことばを私たちのうちに豊かに住まわせ」(コロサイ3:16)ていたら、私たちはいつでも準備ができているのです。 最後に、他の人に伝えることができるように機会を開いてくださるようにと神に祈ることです。―それが神の真理を私たちから受け取るために神が心を開いてくださっている人々との神の予約です。

English


日本語のホームページに戻る
なぜ職場で自分の信仰について話すべきですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける