女性はどんなミニストリーの役割ができますか?


質問: 女性はどんなミニストリーの役割ができますか?

答え:
女性のミニストリーは聖書を信じるクリスチャンの意見が異なる問題です。意見の異なる点の中心は、女性が教会で語ることを禁じる聖書箇所、または「女が教えたり、男を支配することを許しません。」( 1テモテ2:12. 、1コリント14:34参考)という箇所です。意見の違いは、これらの箇所が書かれた当時だけに関連しているかどうかということです。ある人たちは、「ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなた方はみな、キリストイエスにあってひとつだからです。」(ガラテヤ3:28)それで女性も男性がするすべてのミニストリーの領域を自由に追求しても構わないと 論争します。 他の人たちは、命令の基礎は文化的ではなく普遍的なのだから、1テモテ2:12は今でも適用できる、つまり創造の順番に基づいているのだからと信じます。(1テモテ2:13-14)

1ペテロ5:1-4は長老の資格に付いて詳細をしています。. Presbuteros は新約聖書で66回も使われているギリシャ語で、"慣れた男性の監督"を暗示しています。そのことばの男性名詞 なのです。女性形は, presbuteraで、牧師又は長老のことに一度も使われていません。 1テモテ3:1-7の資格条件に基づくと、長老の役割は監督/牧師と交換できます。(テトス1:6-9;1ペテロ5:1-3)そして1テモテ2:12によると、「女が教えたり、男を支配したり」してはいけないのですから、長老や牧師の職は、-教える能力があり、会衆を指導して、彼らの霊的成長を監督する(テモテ3:2)のですから、男性だけに限ることは明白なようです。

しかしながら、長老/監督/牧師の職は男性だけに限られているように思えるのですが、女性も教会の成長にいつも重要な役割を果たして来ました。ほとんどの弟子たちが逃げて行ったにもかかわらず、女性たちも少しキリストの十字架刑を目撃した人の中に数えられています。(マタイ17:55;ヨハネ19:25)使徒パウロは女性の地位を高くあげています。多くの教会宛ての手紙の中で、特定の女性に名指しであいさつを述べています。(ローマ書16:6、12;コロサイ4:15;ピリピ4:2-3ピレモン1:2)パウロはアこれらの女性たちを"同労者"と呼び、明らかに教会全体の利益のために主に仕えたことがわかります。(ピリピ4:3;コロサイ4:15)

職は初代教会で、教会の必要を満たすために作られました。現在の多くの教会では、長老と執事の職を交換して使いますが、それらは二つの違った職務であって同じではありません。執事は必要があれば物質的な力量で仕えます。(使徒伝6:2-3) 女性がこの立場で奉仕することをはっきりと禁じてはいません。事実、ローマ書16:1でフィベという女性がローマの教会で尊敬された執事であったことを暗示しています。

女性が礼拝リーダー、若者グループのミニスター、または子供の監督として奉仕することを禁止した聖書の先例はありません。唯一の制限は、大人の男性を霊的に支配してはいけないということです。 聖書の心配は、役目というよりも霊的権威の問題のようなので、大人の男性の上に霊的権威を持つような役割でないかぎり、許されます。

English
日本語のホームページに戻る
女性はどんなミニストリーの役割ができますか?