「女性は教会で執事として仕える事はできる?



 

質問: 「女性は教会で執事として仕える事はできる?

答え:
女性が執事として仕える事ができるかどうか、聖書には明確に書かれていません。執事は「ひとりの妻の夫であって、子どもと家庭をよく治める人でなければなりません。 」(Iテモテ3:12)と書かれていますから、女性は執事になる事ができないようにも見て取れます。しかしながら、Iテモテ3:11を女性執事についての条件をあげた箇所という解釈もあります。「妻」と訳されているギリシャ語は「女性」とも訳される事ができるからです。パウロが執事の妻ではなく、女性執事に対して書いているという解釈ができます。パウロが「同じように」という接続詞を8節で用いている事からパウロが長老と執事に加えてもう一つ教会での指導職について書いている可能性が大きくなっています。また、パウロが長老について書いたさい、長老の妻としての条件は書いていない事から、パウロが執事の妻について書く事は不自然となります。パウロが教会指導者の妻達の生活についての条件を書く事を重要視しているならばパウロは長老の妻達についての教えについて-長老の教会での責任は執事のそれよりも大きな物ですから-さらに書くはずでしょう。

ローマ16:1でパウロはIテモテ3:12で用いた単語と同じ事ばでフィべを呼んでいます。しかしパウロがフィヴェが執事であると言っているのかそれともしもべであると言っているのかははっきりしていません。初代教会で女性のしもべたちは病に苦しむキリスト者、貧しい者、寄留者や牢屋にいる人々の手助けをしていました。彼らは女性や子供達を教えていました(テトス2:3-5)。フィベは正式に執事という肩書きを与えられていなかったかもしれませんが、パウロは彼女にローマ人への手紙を届けるという大役を任せる(ローマ16:1-2)ほどフィベを信頼していた事がわかります。パウロが彼女を格下とかそれほど能力がない人物としてではなく、かけがえのないキリストの体の一員として見ていた事は明確です。

聖書には女性が執事として仕える事について多くは語っていませんが、その可能性を否定する事もしていません。女性執事の職を正式に設けている教会もありますが、男性執事とは責任が異なる場合が多くあります。教会が女性執事の職を設ける際は、パウロが他の箇所で女性の教会での働きについて設けている制限(Iテモテ2:11-12等)に女性執事達が従う事を確認するべきでしょう。それは教会の全ての指導職が教会の権威の構成と最大の権威を持っておられるキリストに従うべきである事と同じです。



日本語のホームページに戻る



「女性は教会で執事として仕える事はできる?