人はなぜ死ぬのですか?


質問: 人はなぜ死ぬのですか?

答え:
人が死ぬのは"原罪"と呼ばれるもののせいで死にます。―アダムとエバがエデンの園で反逆したことが原罪です。神は最初の夫婦に神の律法を破ると必ず死ぬと警告されました。(創世記2:17)そしてそのことが起こりました。「罪から来る報酬は死です。」(ローマ6:23)

アダムとエバは神とともに永遠に生きるはずでした。それで、"死ぬ"とはどういう意味かさえ多分知らなかったのでしょう。残念ながら、罪は、永遠の過去のいつか、み使いたちの領域 に侵入していました。サタンはエバを誘惑しました。それで、彼女は罪に陥ってしまいました。エバは果実を夫のアダムに与え、アダムもエバにつられて罪を犯しました。、あの罪が世界に死をもたらしました。人間は命の源である神から離れてしまいました。.

あの時から、男の援助を受けて女から生まれた人間はみな罪深い子供を産んでいます。この罪の性質が死を招くのです。「一人の人によって罪が世界に入り、こうして死が全人類に広がった、、、―それというのも全人類が罪を犯したからです。」 (ローマ5:12)

創世記3章には世界に神が宣言された呪いが記されています。呪いはアダムに対しては、このような言葉が含まれています。「あなたは顔に汗を流して糧を得、ついにあなたは土に帰る。あなたはそこからとられたのだから。あなたはちりだから、チリに帰らなければならない.」(創世記3:19) ここで、神は肉体の死のことを述べておられます。アダムとエバには肉体の死はすぐには起こりませんでしたが、彼らの罪のせいで、無垢な動物が死にました。(創世記3:21)

アダムとエバがもたらした別のタイプの死は霊的な死―彼らの霊が神の霊から離されて、神との交わりが破壊されました。霊的な死は彼らが禁断の果実を食べた後すぐに起こりました。それで、彼らは恐れて、恥ずかしくなりました。(創世記3:10) 肉体的な死と同じように、霊的な死は、彼らの子孫に受け継がれたのです。(エペソ2:1)

アダム以来、人類は罪と死の原理の下に働いてきました。憐れみ深い神は、御子を送って罪と死の原理から解放して、いのちの御霊の原理を達成してくださいました。(ローマ8:2) 第1コリント15:20-26は、「しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。というのは、死がひとりの人を通して来たように、死者の復活も一人の人を通して来たからです。すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。、、、最後の敵である死も滅ぼされます。」.と言っています。

English


日本語のホームページに戻る
人はなぜ死ぬのですか?