なぜ神を信じるべきなのですか?


質問: なぜ神を信じるべきなのですか?

答え:
神を信じることは最も基礎的な人間の考えです。創造主を認識することは、その神をもっと知るための基礎です。.神を信じることなしには神を喜ばせることは不可能ですし、また神の元へ行くことも不可能です。(へブル11:6)私たちは神の存在の証拠に囲まれています。そして罪のかたくなさのせいで、人はその証拠を拒否するのです。(ローマ1:18-23)神を信じないのは愚かなことなのです。(詩篇14:1)

人生には二つの選択肢があります。第一に、限界のある人間の理性を信じる選択肢があります。.人間の理性は様々な思想、世界の多くの宗教、〝主義"、異なったカルト、その他の概念と世界観を産み出しました。人間の理性のカギとなる特徴は、それは続かないこと、なぜなら人間自身が続かない者 だからです。それにまた人間の限界のある知識に限られています。私たちは自分で考えるほど賢くないのです。(1コリント1:20) 人間の理性は人間で始まり、人間で終わります。 人間は時間の箱の中に生き、そこから出る道はありません。人は生まれて成長し、成熟します。世に影響を与えます。最後に死にます。当然ながら、人間にはそれだけです。理性で生きる選択はバランスを計ると、不十分なことがわかります。もしそのような生活様式を客観的に考えると、二番目の選択肢を考えさせるようになるべきです。

二番目の選択肢は聖書にある神の啓示を受け入れることです。「自分の悟りに頼らない。」(箴言3:5)ことです。もちろん、聖書が神からのものだと受け入れることは、神を認識することです。 聖書の神を信じることは理性を用いることを否定するのではありません。それよりも私たちが神を探し求める時、神は私たちの目を開いて下さいます。(詩篇119:18)理解のために心の目を開いて、(エペソ1:18)知恵を与えてくださるのです。(箴言8章)

神を信じることは、神の存在の証拠によって高められます。すべての被造物は、創造主の事実を静かに証ししています(詩篇19:1-4)神の書、聖書はその正当性と歴史的正確さを確立しています。例えば、キリストの最初の来られることに関しての旧約聖書の預言です。ミカ5:2は、キリストはユダヤ地方のベツレヘムで生まれると言っています。ミカはこの預言を紀元前700年ごろにしています。7世紀後にキリストはどこでお生まれになりましたか?ミカが予言したようにユダヤのベツレヘムでお生まれになりました。(ルカ2:1-20;マタイ2:1-12)

ピーター.ストーナーは Science Speak(科学は語る; (p. 100–107), の中で、聖書の預言の偶然性は、確率の科学によって除外されると示しています。キリストに関する8つの預言について確立の法則を使って、ストーナーは一人の人が8の預言をすべて成就するチャンスは、10の17乗に一つだということを見つけました。つまり、100,000,000,000,000,000.にⅠのチャンスということです。それは8つの預言だけに関してです。イエスはほかにも多くの預言を成就されました。聖書の正確さと信頼性は、預言で実証されていることは疑いありません。

聖書を読むと、神が永遠、聖、個人的、恵み深く、愛なるお方だということを発見します。神はその御子、主イエス.キリストが人となられたことで、時間の箱を打ち破られました。 神の愛の行為は人間の理性を侵害しません。しかし、人間の理性に光を投げかけてくださるのです。それで、人は神の御子を通して、赦しと永遠のいのちが必要だということを理解し始めることができるようになるのです。

もちろん、聖書の神を拒否することもできます。多くの人はそうしています。人間はイエス.キリストが彼らのためにされたことを否定することもできます。キリストを拒否することは神を拒むことです。(ヨハネ10:30) あなたならどうしますか?あなたは人間の限界のある、欠陥のある理性によって生きますか?またはあなたの創造主を認識し、聖書の神の啓示を受け入れますか?「自分を知恵のある者と思うな。主を恐れて、悪から離れよ。それはあなたのからだを健康にし、あなたの骨に元気をつける。」(箴言3:7-8)

English


日本語のホームページに戻る
なぜ神を信じるべきなのですか?