復活はいつ起こるのですか?



 

質問: 復活はいつ起こるのですか?

答え:
復活が実際に起こり、私たちの存在は地上生涯の後にも続くことを聖書は明確にしています。死は肉体的な命の終わりを示していますが、人類の存在はそこで終わりません。多くの人は終末の時に一度、復活が起こると誤解してますが、聖書には復活が一度だけ起こるとは書いておらず、天国での永遠の命に続く復活と永遠の刑罰に続く復活が別々に起こることが書いてあります(ダニエル12:2; ヨハネ5:28-29)。

最初の復活はイエスキリストの復活です。この出来事は4つある福音書の全てに記録されていて(マタイ28; マルコ16; ルカ24; ヨハネ20)、使徒にも記録されていて (使徒 1:22; 2:31; 4:2, 33; 26:23)、数々の手紙にも書いてあります(ローマ1:4;ピリピ3:10; Iペテロ1:3)。Iコリント15:12-34にはエスキリストの復活の重要性について書かれており、500人以上もの人が復活後のイエスに会っていることも記録されています。イエスの復活は全てのキリスト者の復活の初穂であり、キリスト者が復活する事を確証しています。キリストの復活は、全ての人がやがて復活し、イエスキリストによっての裁きを受ける事も示しています(使徒17:30-31)。永遠の命への復活は「第一の復活」と呼ばれ(黙示録20:5-6)、裁きを受け、永遠の刑罰を受けるために復活する人々には「第二の死」が待っています(黙示録 20:6, 13-15)。

教会の第一の復活は携挙の際に起こります。教会史の時代にイエスキリストを救い主として受け入れ、キリストがの前に死んだ人々は携挙の際に復活します。教会史はペンテコステの日に始まり、キリストがご自分の民を連れて行くその日に終わります (ヨハネ14:1-3; 1テサロニケ4:16-17)。使徒パウロは全てのキリスト者が死ぬわけではないが、キリスト者は皆、復活の体に変えられると書いていて (1コリント15:50-58)、死なずにそれを経験する人々もいます。生きているキリスト者も、すでに死を迎えたキリスト者もキリストのみもとに引き上げられ、キリストと永遠を過ごすのです。

もう一つの復活は、患難の時代の最後のキリストの再臨の際に起こります。携挙によって終わる教会史の後、世界には患難の時代が訪れます。この時代には、黙示録6-18章に書かれている神の裁きが世界に下ります。教会史のキリスト者は携挙によってこの世を去りますが、多くの人々の目が開かれ、この患難の時代にもキリストを救い主として受け入れる人々が出てきます。これらの患難の時代のキリスト者はその信仰のゆえに命を落とします(黙示録6:9-11; 7:9-17; 13:7, 15-17; 17:6; 19:1-2)。患難の時代に死んだキリスト者達はキリストの再臨の際に復活し、千年王国でキリストとともに世を治めます(黙示録20:4, 6)。ヨブ、ノア、アブラハム、ダビデや教会史の始まる前に死んだバプテスマのヨハネなど旧約聖書時代の聖徒達もこの時に復活します。この出来事は幾つかの旧約聖書箇所に書かれています(ヨブ19:25-27; イザヤ26:19; ダニエル12:1-2; ホセア13:14)。エゼキエル37:14には骨が復活する様が書かれていて、主にイスラエルの国を指していますが、イスラエル人の肉体的な復活についても書かれている事がわかります。全ての神の民(旧約聖書時代の聖徒達も、教会史のキリスト者達も)は第一の復活を経験します (黙示録20:4, 6)。

千年王国の終わりの時にもう一つの復活の可能性は明確に書かれてはいなくとも、幾つかの聖書箇所に含まれています。千年王国の最中に肉体的に死を迎えるキリスト者が出てくる可能性があります。預言者イザヤを通して神は「そこにはもう、数日しか生きない乳飲み子も、寿命の満ちない老人もない。百歳で死ぬ者は若かったとされ、百歳にならないで死ぬ者は、のろわれた者とされる」(イザヤ65:20)と言われました。千年王国の時代に死ぬ人は不従順のゆえに死ぬのかもしれません。死の理由が何であっても、物理的肉体を持つ人々が永遠を過ごす栄光の、復活の体を受ける必要がある事は確かです。

聖書から明確に分かる事は神が全宇宙に、地球も含め、終わりをもたらすという事です(2ペテロ3:7-12)。これは神の創造に人類の罪によって入り込んだ悪を消し去るためです。この世の終わりに神は新しい天と新しい地を創造されます(2ペテロ3:13; 黙示録21:1-4)。では、患難の時代を生き抜いた人々の肉体は千年王国ではどうなるのでしょう?また、千年王国の時代に生まれ、イエスを信じた人々の肉体はどうなるのでしょう?使徒パウロはやがて朽ちる地と肉は神の国を相続する事ができず、永遠の王国に住む事ができるのは復活した、栄光の、朽ちる事のない体であると明確に教えています(1コリント15:35-49)。これらのキリスト者達も復活の体を受けるはずです。それがいつ起こるのかは聖書には書かれていませんが、神学的に考えて、新しい天と新しい地が創造されるまでに起こると言えるでしょう(2 ペテロ3:13; 黙示録21:1-4)。

全歴史を通しての不信者達が受ける最後の復活もあります。イエスキリストは、千年王国での統治の後(黙示録20:5)、そして現在の天地の滅ぼされた後に(2ペテロ3:7-12; 黙示録20:11)彼らを死から復活されます(ヨハネ5:25-29)。この復活はダニエルによって「地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者が目をさます。ある者は永遠のいのちに、ある者はそしりと永遠の忌みに。」(ダニエル12:2)と予言され地ます。そしてイエスは「悪を行った者は、よみがえってさばきを受けるのです。」(ヨハネ5:28-29)と言われました。

使徒ヨハネはやがて起こる事をみました。ヨハネは「大きな白い御座」を見(黙示録20:11)。天と地は逃げぎ去りました。これは地球も含めた全宇宙が火によって全てが滅ぼされた事を示しています (2ペテロ3:7-12)。神を恐れない全ての死人はこの白い御座の前に立ちます。これは千年王国の後に彼らが復活した事をさしています(黙示録20:5)。彼らは痛みを感じながらも存在する事が終わらない体を受けます(マルコ9:43-48)。彼らはその行いに応じて裁きを受けます。この白い御座の裁きの時にもう子羊の命の本が開かれます(黙示録21:27)。この本に名前が書いていない人々は「火の池」に投げ込まれます。これが「第二の死」です (黙示録20:11-15)。この裁きに命の本に名前が書いてある人々は登場しません。この人々は祝され、赦しを受け、第一の復活を経験したからです(黙示録20:6)。



日本語のホームページに戻る



復活はいつ起こるのですか?