いつ教会は始まりましたか?


質問: いつ教会は始まりましたか?

答え:
教会はペンテコステの日、―イエスが死んで、よみがえられた過ぎ越しの後50日後―に始まりました。"教会"と訳されている語は、二つのギリシャ語から、来ていて"世界の中から神のために呼び出された″と言う意味です。 このことばは聖書を通して使われていて、イエスの死と復活に置いた信仰によって新生したすべての信者(ヨハネ3:3)のことです。(ローマ書10:9-10)教会という語がどこにもいるすべての信者のこととして使われるとき、"キリストのからだ"と同じことばになります。 (エペソ1:22-23;コロサイ1:18)

教会ということばはマタイ16章に初めて出てきます。イエスがペテロに,「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。」「18節」と言われた時です。ここで"岩"は ペテロが「あなたは生ける神の子キリストです。」(16節)と言った言葉を指します。イエスに関するあの真理は2000年以上も盛んだった教会の基盤です。あの真理を自分の人生の基盤にする人は誰でもイエス.キリストの教会のメンバーになります。(使徒伝16:31)

イエスの「わたしはわたしの教会を建てる」と言うことばは、信者の中に宿るために聖霊をお遣わしになった時、これから起ころうとしていることの予告でした。(ヨハネ15:26-27;16:13)イエスはそれからまだ十字架を経験し復活も経験しなければなりませんでした。弟子たちは部分的にしか理解しなかったのですが、イエスが来られた目的の全部の成就はまだなっていませんでした。復活の後、イエスは彼らに与えられた仕事を弟子たちが始めるのを許されませんでした。(使徒伝1:4-5)(すべての国に行って弟子を作ることでしたが、)(マタイ28:19-20)聖霊が降りるまでは。

使徒伝は、教会の始まりと聖霊の力を通してその奇跡的な広がりについて詳細に記しています。イエスが昇天されて10日後に(使徒伝1:9)聖霊は祈りをしながら待っていた120人の弟子たちの上に注がれました。(使徒伝1:15;2:1-4)イエスの仲間として見つけられることを恐れおののいていた(マルコ14:30、50)弟子たちは突然、力を得て大胆によみがえられたメシヤについて宣言し始めました。そのメッセージの正しさを奇跡的なしるしや不思議で証明しました。(使徒伝2:4;38-41;3:6-7;8:7) エルサレムには世界の別の地方から来た数千人のユダヤ人がペンテコステの祭りに出てきていました。彼らは自分の国のことばで福音を聞いて、多くの人が信じました。(使徒伝2:41,44;4:4)救われた人たちはバプテズマを受け、日々教会に加えられました。 迫害が起こった時、信者は方々に散らされ、福音メッセージを抱えて行きました。それで、教会は当時知られていた地方に素早く広がって行きました。(使徒伝8:4;11:19-21)

教会の初めはエルサレムンユダヤ人がかかわっていましたが、すぐにほかの人種のグループへと広がりました。使徒伝8章でピリポはサマリヤ人に伝道しました。使徒伝10章では、神がペテロにまぼろしを見せて、救いのメッセージはユダヤ人だけではなく、誰でも信じる人に伝えられるべきだということを理解する助けをして下さいました。(使徒伝10:34-35、45)エチオピヤの宦官の救い(使徒伝8:26-39)とイタリヤの百人隊長コルネリオの救い(使徒伝10章)は、ユダヤ人信者に神の教会は自分たちの思った以上に広いことを確信させました。 ダマスコ途上でのパウロへの奇跡的召し(使徒伝9:1-19)は、福音が異邦人へ伝わってさらに大きい広がりをするお膳立てがされたことになります。 (ローマ書15:16;1テモテ2:7)

十字架の前の、ペテロへのイエスの預言的なことばは実現したのです。迫害と"ハデスの門"は反対して教会と戦って来ましたが、教会はただより強くなるのです。黙示録7:9は神のデザイン通りの教会を垣間見させてくれます。「そののち、私は見た。見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、誰も数えきれぬほどの大勢の群衆が、白い衣を着、しゅろの枝を手にもって、御座と子羊との前に立っていた。」イエスで始まった教会は、イエスがまた私たちのために戻って来られるまで続きます。(ヨハネ14:3;1テサロニケ4:16-17)そうして私たちは永遠にキリストの花嫁として一つにされてキリストと共に住むのです。(エペソ5:27;2コリント1:2;黙示録19:7-8)

English
日本語のホームページに戻る
いつ教会は始まりましたか?