死を望む事は間違っていますか?



 

質問: 死を望む事は間違っていますか?

答え:
病や辛い症状、うつ病や感情的に傷を負っている、人生に苦しんでいる人々はしばしば神が命ととって下さらないかと考えたことがあるでしょう。これは自殺願望でしょうか?神は私たちが祈ったら命をとってくださるのでしょうか?また、そのような祈りを祈る事は罪でしょうか?

感情的、または肉体的な苦しみから逃れる事を望む事は普通です。主イエスでさえも「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」(マタイ26:39)と祈りました。これはイエスが人間として祈った祈りです。イエスはやがて架かるべき十字架がどんな物であり、どんな苦しみが待っているかをご存知でありながら神の御心に委ねました。イエスは全ての事について神の御心に従ったのです(ヨハネ5:30)。園でのイエスは苦しむ必要がある時がある事を確証し、ご自身も神の御心に従って苦しまれたのです。

キリスト者として私たちは「御心がなりますように」と祈るべきです。私たちは定められた時よりも前に死ぬ事はありません。ダビデも、私たちの人生の長さは神によって定められており、それよりも長く、または短く私たちが生きる事はない事を歌っています。「あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに」(詩篇139:16)。死ぬ事を願って祈る代わりに経験している苦しみを耐え忍ぶための、神からの力と恵みを求め、神の御心に信頼できるように祈りましょう。

試練は辛く、特にその理由がなんであるのかを理解する事は難しい物です。試練は私たちをへりくだらせる物であり、私たちはへりくだり、弱みを見せ、誰かに頼る事を嫌います。しかし私たちが「主よ、なぜ私が苦しむ必要があるのですか?」と聞くならば、神は「なぜあなたは苦しまない必要があるのですか?」と答えられるでしょう。新生したキリスト者が地上で受ける苦しみに神はご計画を持っておられます。神の目的とご計画は、神が聖なる、完全な神であるように完全であり、聖なる、正しいのです。詩篇の作者は「神、その道は完全」(詩篇18:30)と歌いました。神の道が完全であるならば、私たちは神がなさる全ての事-そして神が起こる事を許される全ての事-が完全であると信頼することができます。これは私たちには理解し難いように思われるかもしれませんが、私たちの知能は神のそれとは違います。イザヤ55:8−9に書いてある通りです。

使徒パウロは「肉のとげ」-それがなんであったのかは聖書に書いてありません-に苦しみ、神にそれを取り除いてくださるようにと三度祈りました。しかし、パウロの苦しみを和らげる事ができた神は、そうしない事を選ばれました。神は「とげ」を彼が受けていた啓示の素晴らしさのゆえにパウロが高ぶる事を防ぐための物として与えたからです。しかし神はパウロをただ苦しみの渦中に置いて何もしなかったわけではありません。神はご自身の恵みが十分であり、パウロがご自身に依り頼む事で栄光を受ける事を教えられました。これらの教えに対するパウロの応答は「私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」 (2コリント12:7-10)という物でした。ですから、苦しみから逃れる事を望んで死を選ぶ代わりに、私たちは神により頼み、神に休息を得るべきです。神が苦しみを与える目的はいつも、ご自身の栄光と私たちの受ける祝福なのです。

苦しみがひどい時、私たちはこれ以上生きていけないと感じる事があるかも知れません。しかし神は他の人が経験した事のないような苦しみに私たちを合わせるような事はなさいません。現代医学で軽減する事ができない苦しみを経験した聖徒達、神を嫌う者達の手によって殉教した聖徒達、人々から見捨てられ、孤独を経験した聖徒達、証のために投獄された聖徒達がいます。ですから、私たちの試練は人に知れないようなものではないのです。神は正しい方ですから、私たちが耐えられない試練は与えず、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます(1コリント10:13)。

最後に、死を願って祈る事が罪かどうかですが、聖書には「信仰から出ていないことは、みな罪です」(ローマ14:23)と書いてあります。つまり、私たちが良心のとがめを感じるならば、自分の胸に聞いてそれが罪であると感じるならばそれは罪です。他にも、「こういうわけで、なすべき正しいことを知っていながら行わないなら、それはその人の罪です。」(ヤコブ4:17)と書いてある箇所もあります。私たちを天国にいけないようにするただ一つの罪は主イエスキリストを拒むという罪です。神に命を取り去ってくださるように祈る事は信仰の欠けという罪である可能性があります。代わりに、「神よ、あなたは試練を耐えられるようにして下さる事を約束されました。ですから、私の苦しみを和らげるか、脱出の道を与えてください。しかし、私の望みではなくあなたの御心がなりますように、アーメン。」と祈りましょう。



日本語のホームページに戻る



死を望む事は間違っていますか?