「マタイ16:18の岩とは何の事?



 

質問: 「マタイ16:18の岩とは何の事?

答え:
キリストがその上に教会を建てると言われた「岩」が何を指しているのか、それがペテロ自身なのか、それともペテロの「あなたは、生ける神の御子キリストです。」(マタイ16:16)という信仰告白なのか、について多くの議論がなされています。正直なところ、それについて完全に答えを出す事は難しく、ギリシャ語の文法を見てみてもどちらの説も正しい可能性が出てくるのです。

一つ目の説はイエスがペテロ自身が、イエスが教会を建てる基盤とする「岩」であると言ったという説です。イエスは似通った言葉を用いて説明しているように見えます「あなたはペテロ(ペトロス)です。わたしはこの岩(ペトラ)の上にわたしの教会を建てます。」ペテロの名前も岩という意味がありますし、イエスが教会を岩の上に建てると言った際にこの二つを関連づけているように見えます。神は教会形成のためにペテロを大いに用いました。ペンテコステの日に福音を大胆に語ったのもペテロでしたし(使徒2:14-47)、サマリヤ人達が聖霊を受け取った際にもペテロはその場にいました(使徒10:1-48)。ある意味、ペテロが教会の基盤の岩となっていた事がわかります。

もう一つの説はイエスはペテロ自身ではなく、16節のペテロの「あなたは、生ける神の御子キリストです。」を指してこの岩の上に教会を建てると言ったとする節です。イエスは自らの身元を完全に明かしてペテロや他の弟子たちに教えた事はありませんでした。そしてペテロの信仰告白は神がペテロの目を開いたからこそ出た物だと語りました。ペテロの、イエスが神の御子であるという信仰告白はペテロのキリストに対する心からの信仰の現れでした。このキリストに対する心からの信仰こそが真のキリスト者の印なのです。ペテロがそうしたように、キリストを本当に信じた者達こそが教会なのです。ペテロはIペテロ2:4-5でこの真実について「主のもとに来なさい。主は、人には捨てられたが、神の目には、選ばれた、尊い、生ける石です。 あなたがたも生ける石として、霊の家に築き上げられなさい。そして、聖なる祭司として、イエス・キリストを通して、神に喜ばれる霊のいけにえをささげなさい。」と書いています。

ペテロの信仰告白の後イエスはその真実は神によって示された者だと説明しました。ペテロ(ペトロス)とは小さな石をさす言葉でもあります(ヨハネ1:42参照)。イエスはそのご似通った言葉「礎の石」という意味があるペトラを用いました。マタイ7:24-25でも同じ言葉が、人が家を建てる際に土台にする石という意味で用いられています。ペテロ自身も同じ概念をIペテロで用いています。教会は多くのペトロス、小さな石から建て上げられていると彼は書いています(Iペテロ2:5)。これらの小さな石はまさにペテロと同じ信仰告白をした、キリストに対する信仰を持ったキリスト者達と言えます。

それに加え、新約聖書はキリストご自身が教会礎の石(使徒4:11-12; Iコリント3:11)であると明確にかいていますこの役割をイエスがペテロに与えたとは考えにくいのです。確かに使徒達は皆教会を建て上げる際に重要な役目を果たしました(エペソ2:20),しかしその第一の礎の石はキリストのみです。キリストは「礎の石」と多くの箇所で呼ばれています(Iペテロ 2:6-7; エペソ2:20; ルカ20:17; 使徒4:11)。ですからキリストが礎の石ならばどのようにしてペテロ自身が教会が建てられる土台となる石となるのでしょう?

ですから、マタイ16:18のイエスの言葉は似通った言葉を用いたものであり、簡単に言い換えると「ペテロ、あなたは『小石』と呼ばれていますが、あなたの口を通して教会の土台となるべき真実が出てきました」。という物でしょう。

ローマカトリック教会はペテロ自身がこの石であり、それを理由としてカトリック教会のみが本当の教会であると主張しています。しかし、ペテロが礎の石であるという節のみが正しい解釈ではない事がこの記事を通してわかりました。それに加え、ペテロがマタイ16:18で書かれている岩であっても、ローマカトリック教会にはどんな権威も与えません。聖書にはペテロがローマに言ったという記録はありませんし、ペテロが他の使徒達の上に権威を持っていた事も、初代教会での唯一の教師であったとも教えていません。ペテロは初代教皇ではありません。カトリック教会の起源はペテロや他の使徒達の教えに基づく物でもありません。



日本語のホームページに戻る



「マタイ16:18の岩とは何の事?