聖書理解のはなぜそれほど難しいのですか?



 

質問: 聖書理解のはなぜそれほど難しいのですか?

答え:
誰でも度合いは違っても聖書を理解するのに苦労します。2000年以上の教会の歴史 のあとでさえ、聖書のいくつかの聖句や箇所の中には、最も立派な聖書学者でさえ、正しい意味について推測しかできないのがあります。聖書を理解するのはどうしてそれほどまでに難しいのでしょう?聖書を完全に正しく理解するのに、なぜそれほどまでの努力が要るのでしょう?答えを試みる前に、神は不明瞭に伝達されたのではないと言わなければなりません。 神のメッセージは、全く明確です。聖書が時々わかりのはにくいのは、私たちが堕落した者―罪が私たちの理解を曇らせて、自分の好きなように聖書を曲解するようにさせるからです。

聖書の理解を困難にする要因がいくつかあります。まず第一に、時間と文化の違いがあります。 聖書は今の時よりも、3400年から1900年前の間に書かれました。聖書が書かれたときの文化は今日存在するほとんどの文化 とは非常に違っていました。紀元1800年頃の中東の 遊牧民族の羊飼いたちの行動は、21世紀のアメリカのコンピュータープログラマーにはしばしば意味を成さないものです。聖書を理解しようとする時、聖書が書かれた時の文化を認識することは非常に重要です。

二番目に、聖書はさまざまな違った型の文学を含んでいます。歴史、律法、詩、歌、知恵の文学、預言、個人的な書簡、黙示録的文学です。歴史的文学は知恵の文学とは違って解釈されなければなりません。詩は黙示録的文学と同じように理解することはできません。 個人的な手紙は、今日の私たちにとって意味がある一方、初めの受取人とは違った適用になるかもしれません。聖書には違ったジャンル(様式)があることを認識するのは、混乱や誤解を避けるために非常に重大です。

第三に、私たちはみな罪人です。そしてみな間違いを犯します。(伝道者の書7:20;ローマ3:23;1ヨハネ1:8)私たちはできるだけ、先入観や偏見を持たずに聖書を読もうとがんばるのですが、時々そうしてしまうことは避けられません。残念ながら、誰もがいつかは、そういう意味に違いないとか、そういう意味であるはずがないという憶測で、聖書箇所を誤解してしまうことがあります。聖書を学ぶ時、私たちは、偏見を取り除けて自分の先入観無しに、みことばを解釈する ように助けて下さいと神にお願いしなければなりません。これはしばしば難しいことです。先入観があることを認めるには、謙遜な態度と間違いを認める意志がなければならないので。

これらの三段階だけが聖書を正しく理解するために必要なすべてでは決してないのですが。聖書解釈学―聖書解釈の科学-については多くの本が出ています。しかしながら、これらの三段階は、聖書理解の為の優れたスタートです。私たちは私たちと聖書の時代の人々との間に文化の違いがあることを認識しなければなりません。いろいろな文学のジャンルの違いも計算に入れなければなりません。自分の先入観で解釈を汚さないように、聖書そのものに私たちに語りかけるのを許さなければなりません。



日本語のホームページに戻る



聖書理解のはなぜそれほど難しいのですか?