「聖書的でない洗礼を受けたのですが、洗礼を再び受ける必要はありますか?



 

質問: 「聖書的でない洗礼を受けたのですが、洗礼を再び受ける必要はありますか?

答え:
聖書には洗礼についてとても明確に書いてあります。洗礼について理解するべき点は二つあります。(1) 洗礼は個人がイエスキリストを救い主として受け入れ、イエスのみを救いを与える事が出来るか方として信頼した後に受けられるべきである。(2) 洗礼は浸礼であるべきである。バプテスマとも呼ばれる洗礼ですが、このバプテスマという言葉はギリシャ語で「浸水する」という意味があります。また浸水礼のみがバプテスマの意味する事-キリスト者がイエスとともに死に、葬られ、新しい命に生きるために復活すること-を正しく示すことが出来るのです(ローマ6:3-4)。

上の二点を念頭に置いた上で、聖書的でない洗礼を受けた人々の場合を考えてみましょう。また曖昧さを避けるため聖書的でない洗礼を受けた人々も二つのグループに分けましょう。まずはキリスト者になる前に洗礼を受けた人々です。これらの人々は幼児洗礼を受けた人々や、洗礼を受けたけれどその際には本当にイエスの事を救い主として崇めていなかった人々も含みます。これらの人々は当然洗礼を受け直すべきです。聖書に洗礼は救いを受けた後の物であるとはっきりと書かれていますから、洗礼を受ける人がイエスにある信仰によった救いを経験していないのならば、洗礼はもはや意味を失ってしまうのです。

二つ目のグループはイエスにある信仰によった救いを受けた後に洗礼を受けながらも、浸礼を受けなかった人々です。この件は上記の物よりも少し複雑な物です。これらの人々がちゃんと洗礼を受けなかったと、そう議論する事もできます。滴礼や灌水礼(水を頭に注ぐ)は浸水するという意味を持っているバプテスマとしての条件を満たしていません。しかしながら、聖書には浸礼としての洗礼を受けなかった人々について書かれていません。ですからこの件は個人個人で異なってくるでしょう。聖書的でない洗礼を受けた人々は神に知恵を求め(ヤコブ1:5)、良心を咎められるのであれば、聖書的に再び洗礼をうけるのが最善でしょう(ローマ14:23)。



日本語のホームページに戻る



「聖書的でない洗礼を受けたのですが、洗礼を再び受ける必要はありますか?