み使いにはどんな違った種類がありますか?


質問: み使いにはどんな違った種類がありますか?

答え:
み使いには二つの種類があります。〝堕落していない″み使いと〝堕落した使い”です。堕落していないみ使いは、その存在中聖さを保っているので、〝聖なるみ使い”と呼ばれています。聖書では、一般的にみ使いが出てくると聖なるみ使いのことです。反対に堕落したみ使いは、聖さを保っていないみ使いです。

聖なるみ使いは、特別な階級になります。ある特定のみ使いは名前があります。天使長ミカエルはすべての聖なるみ使いのかしらです。(ダニエル10:21;12:1;1テサロニケ4:16;ユダ1:9;黙示録12:7-10)ガブリエルは主要な神のメッセンジャーのひとりです。彼の名前は〝神の勇者”という意味で、ダニエルへのメッセージ(ダニエル書8:16;9:21)や、ゼカリヤ(ルカ1“18-19)そしてマリヤ(ルカ1:26-38) へのメッセージを託されました。

聖書には、ほとんどの聖なるみ使いは名前がありませんが、〝選ばれたみ使いたち”とだけ呼ばれています。(1テモテ5:21)〝支配”〝権威”などの表現は、堕落した天使でも聖なる天使でもすべての天使に使われているようです。(ルカ21:26;ローマ8:38;エペソ1:21 ;3:10;コロサイ1:16;2:10;1ペテロ3:22)幾人かのみ使いは、神の聖さをすべての罪の汚れから守る生き物ですが、〝ケルビム”(創世記3:24;出エジプト記25:18、20)として指定され、 〝セラフィム”はもう一つの階級の天使ですが、聖書では一度だけ、イザヤ書6:2-7に出てきますが、六つの翼を持っていると述べられています。 彼らは明らかに神を讃え、地上への神のメッセンジャーとしての役割があり、特に神の聖さに関心があります。聖書では、ほとんどの聖なるみ使いに関する言及は、広範囲の彼らのミニストリーについてです。 聖なるみ使いは創造の時、律法の授与、キリストの誕生と復活、昇天の時にそこにいました。そして彼らは教会の空中携挙とキリストの再臨の時にもいます。

聖なる天使たちの軍団とまったく対照的に、聖なる天使たちよりはかなり少数なのですが堕落した天使たちも無数です。堕落した天使たちは、最初の身分から落ちたとあります。もとはア聖なる天使だったサタンに導かれて、堕落した天使たちは離反して神に反抗してその性質も行いも罪深くなりました。堕落した天使たちは二つの階級に分かれました。自由の身の者たちと束縛された者です。 堕落した天使たちの中でサタンだけが独特の叙述をされています。サタンが堕落した時、(ヨハネ8:44;ルカ10:18)三分の一の天使たちを引き連れていきました。その中でも数人は鎖につながれて裁きの日を待っています。(1コリント6:#;2ペテロ2:4;ユダ1:6)そしてのkポリの天使たちは自由で悪霊または悪魔と呼ばれています。新約聖書を通して彼らのことが出てきます。(マルコ5:9,15;ルカ8:30;1テモテ4:1) 彼らはサタンの行うすべてにおいて、サタンの手下としてサタンと同じ破滅の運命を体験します。(マタイ25:41;黙示録20:10)

English
日本語のホームページに戻る
み使いにはどんな違った種類がありますか?