真の礼拝とは?



 

質問: 真の礼拝とは?

答え:
使徒パウロは真の礼拝についてローマ12:1-2で書いています「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい」。

この箇所には真の礼拝の要点の全てが含まれています。まず、礼拝の動機は「神のあわれみのゆえ」です。神のあわれみとは、神が私たちにくださった、私たちが受けるに足らない全てを指していて、それには永遠の愛、永遠の恵み、聖霊、耐える事のない平安、喜び、信仰、慰め、力、知恵、希望、寛容、親切、名誉、栄光、義、安心、永遠の命、赦し、和解、義認、聖化、自由、とりなしなど多くあります。これらの、神が下さった素晴らしい賜物について知り、理解する事が神への感謝と賛美に変わり、つまり礼拝へとつながるのです。

この箇所には私たちがどのように礼拝するかについて書いてあります。「あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。」私たちのからだをささげるとは、私たちの全てを神にささげる事です。私たちのからだとは、人間を人間とする全てを指していて、心、知能、手足、思考、態度など、全てを私たちは神にささげるのです。つまり、私たちは祭壇で生贄がささげられるように、上の全ての支配権を神にささげる事で礼拝をするのです。しかしそれはどうすればできるのでしょう?「心の一新によって」です。私たちは心をこの世の知恵から日々きよめ、神からの知恵と取りかえる事で心を一新する事ができるのです。私たちは一新され、きよめられた心を持って神を礼拝するのであって、感情を持って神を礼拝するのではありません。感情は素晴らしいものですが、真実に満たされた心から湧き出るのでなければ、私たちの感情は制御できない無益のままです。私たちの感情は、意思から湧き出、私たちの意思は心から湧き出るのです。Iコリント2:16には私たちにはキリストの心-感情ではなく心-があると書いてあります。

私たちは神のみ言葉を通してのみ心を一新する事ができます。神のみ言葉の知識、神のあわれみについての知識が礼拝につながります。真実を知り、真実を信じ、真実を悟り、真実を通して私たちは真の礼拝をささげる事ができるのです。愛情とは真実への-音楽や他の外面的なものではなく-応答であり、礼拝には真実の悟りと神への愛情が同時に存在するのです。音楽は礼拝と直接的な関係はなく、音楽は感情を奮い立たせる事はできても、礼拝を生み出すものではありませんが、楽は礼拝の表れとなるのです。ですから、礼拝を音楽から湧き出そうとするのではなく、音楽を、神のあわれみを通して湧き出る、神のみ言葉への従順としての礼拝の表れと見なしましょう。

真の礼拝とは神中心の礼拝です。人々はどこで、どんな音楽や歌を歌うか、礼拝いがどのような外見であるかなどを心配しがちですが、これらの事に注目しすぎる事は礼拝の真髄を見逃してしまいます。イエスは真の礼拝者は霊とまことをもって神を礼拝すると言われました(ヨハネ4:24)。つまり、私たちは神が定められた形で、心から礼拝するのです。礼拝は祈り、開かれた心で神のみ言葉を読む事、賛美を歌う事、聖餐式、人々に使える事を通してできます。礼拝は特定の行動を通してのみできるのではなく、私たちの心や姿勢が神のみ前に正しい時にできるのです。

また、礼拝は神だけにささげられるべきである事を知るのは重要です。神のみが礼拝を受けるべき方であり、御使いも礼拝を受けるべきではありません(黙示録19:10)。私たちは聖人、預言者、像、御使いや偶像、イエスの母マリアなどを礼拝するべきではありません。また、私たちは奇跡てい癒しなど、何かを受ける事を期待して礼拝をするべきではありません。礼拝とは、礼拝を受けるべきである神のためにのみされる者です。礼拝は教会など、私たちが祈りと賛美を通して感謝と崇拝を人々とともに表す事ができる公の場での賛美を通してできます。真の礼拝とは心に感じられ、行動を通して表されるのです。義務的な「礼拝」は神に喜ばれるものではなく、むなしいものです。神は私たちの偽善を見透かす事ができ、それを嫌われます。それはアモス5:21-24に書かれています。また、アダムとエバの子供であるカインとアベルの物語にも書かれています。カインもアベルも神にささげものをもってきましたが、神はアベルのささげ物のみを受け入れました。カインは義務的にささげ物をささげましたが、アベルは最上のささげ物を、信仰と神への崇拝を通してささげたのです。

真の礼拝は私たちが教会の礼拝や祈祷会、賛美礼拝など(これらの礼拝は聖書で教えられている正しい礼拝の仕方に含まれている、良きものですが)でささげる礼拝だけにはとどまりません。真の礼拝とは神と神の力と神の栄光を、私たちのする全ての事を通して認める事です。神への最高の礼拝と賛美とは、私たちの神の御言葉への従順です。そのためには私たちは神を知る必要があります。私たちは神を知らずに礼拝してはいけません (使徒17:23)。礼拝とは神に栄光を帰し、神を誉めたたえる事-天の父への愛と忠誠を言い表す事-です。



日本語のホームページに戻る



真の礼拝とは?