聖書の教える本当の友情とはどんな物ですか?



 

質問: 聖書の教える本当の友情とはどんな物ですか?

答え:
主イエスキリストは本物の友がどんなであるかについて「人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。わたしがあなたがたに命じることをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。わたしはあなたがたを友と呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせたからです。」(ヨハネ15:13-15)と教えています。イエスこそが本当の友です。それはイエスが私たちのいのちをご自分の「友」のために捨てたからです。イエスを自分の救い主として受け入れる人は誰でも新生され、新しいいのちを受けてイエスの友となる事ができます。

本物の友情の模範はダビデとサウルの息子のヨナタン-自分の父がダビデを殺すために追いかけていたにもかかわらずダビデを支えたーの間に見られます。彼らの友情については1サムエル18から20章に書かれています。また1サムエル18:1-4; 19: 4-7; 20:11-17, 41-42を読んでみるといいでしょう。

箴言も友情についての知恵が多く書かれています。「友はどんなときにも愛するものだ。兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。」(箴言17:17)「滅びに至らせる友人たちもあれば、兄弟よりも親密な者もいる。」(箴言18:24)また、次の箇所は友を得るためには自分が友になる必要があるという教えです。「憎む者が口づけしてもてなすよりは、愛する者が傷つけるほうが真実である。」(箴言27:6)「 鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる。」(箴言27:17)

友情についての教えはアモスにも書かれています。「ふたりの者は、仲がよくないのに、いっしょに歩くだろうか。」(アモス3:3)。友情とは似通った者たちの間にできる者であり、友とは心から信頼できる人を指しています。友とは私たちが尊敬し、相手も私たちを尊敬する人物であり、利用できるかどうかではなく心の一致を持っている人を指しています。

最後に、本当の友の定義は使徒パウロによってこう定義されています。「正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます」(ローマ5:7-8)。「人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」(ヨハネ15:13)これこそが真の友情です。



日本語のホームページに戻る



聖書の教える本当の友情とはどんな物ですか?