トロント.ブレッシングとは何?



 

質問: トロント.ブレッシングとは何?

答え:
トロント.ブレッシングとは、トロント空港のクリスチャンフェローシップ教会(その当時はトロント空港ヴィンヤード教会)に集っていた人々に、聖霊がいわゆる注がれたと言う現象のことです。1994年1月20日、ランデイー.クラークと言うペンテコステ系の牧師がその教会で、自分が聖霊に酔っぱらって抑制できずに笑ったという証しをしました。 その証しに反応して会衆の間で大混乱が爆発し、人々は笑ったり、うなったり、踊ったり、震えたり、犬のように吠えたり、何人かは麻痺状態にさえなるほどでした。 こういう経験は聖霊が人々の体に入ったせいだとされました。 その教会の牧師、ジョン.アーノットはそれを霊的なパーテイーだと言いました。”トロント.ブレッシングと言う名前がついて、教会は国際的にスポットライトを当てられました。

しかしながら、この”ブレッシング”を聖書の光に照らし合わせると、とてもブレッシングとは言えません。忌み嫌われるものかも、でもブレッシングではありません。絶対に、聖書のどこにもトロント空港の教会で起こっているようなことは以前起こったことはありません。もしかしたら、悪霊に取りつかれた人々が苦しむ肉体的な状態でない限り。事実、トロント空港教会は、激情の爆発と精神的表現などに巻き込まれるようになったので、アーノット牧師は救いについてのメッセージを止めて、聖霊のパーテイーについて説教するようになりました。経験が聖書よりも上の権威になりました。これは、きわめてカリスマ主義のヴィンヤード運動にとってさえ、あまりのことになったので、1995年にはトロント空港教会とは縁を切りました。それで、トロント空港クリスチャンフェローシップと名前を変えることになったのです。

信者はイエス.キリスト、信仰の創始者であり、完成者であるイエス(へブル12:2)に目を向けるべきであって、信者の焦点は自分、又は自分の経験、又、聖霊でさえあってもならないのです。トロント.ブレッシングは、聖書的な信仰の有害となって、後者に焦点を合わせています。 信者は楽しんで、歌ったり、踊ったり、主に向かって叫ぶことさえできます。 しかし、礼拝が発狂した精神異常者の夢に似たものになったり、混乱が聖霊のわざとされるなら、ひとつのことばだけが頭に浮かびます。:背教です。



日本語のホームページに戻る



トロント.ブレッシングとは何?