パウロが肉体に与えられた一つのとげとは何だったの?



 

質問:パウロが肉体に与えられた一つのとげとは何だったの?

答え:
パウロが肉体に与えられたとげが何だったのか、そしてそれがどんな物だったのかについては幾つもの推測が立てられています。それが絶え間ない誘惑だったとか、多くの反対者達だったとか、目、マラリア、偏頭痛やてんかんなどの不治の病だったとか、言語障害だったなど多くの考えがあります。一つわかっている事は、パウロの与えられたとげが何だったのか、はっきりと断言することはできませんが、身体的な物であった可能性が高いでしょう。

このとげについて、はっきりしている事はパウロ自身が第二コリント12章7節で言っています:「そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。」まず、このとげの目的はパウロが高ぶることがないためだったと分かります。イエス様と対面し、語りかけられ、遣わされた人(使徒9章2-8節)は普通なら高ぶってしまいがちです。それに加えて新約聖書の大半を聖霊に導かれて書いたパウロが高慢になり、自らを優れた者と思ってしまう可能性もあったでしょう。次に、パウロが与えられた苦しみはサタンの使いから来ている事がわかります。ヨブを苦しめる事をサタンに神様御自身が許可されたように(ヨブ1章1−2節)、神様は御自分の完全なるご計画と御心を通して、サタンがパウロを苦しめる事を許可されたのです。

パウロがこの与えられたとげがもっと広範囲で効果的に働きをする事の妨げになっていると思っていた事(ガラテヤ5章14−16節)、また神様にとげを取り除いてくださるようにと三回お願いした事(第二コリント12章8節)は私達にも理解できます。しかしこの経験を通してパウロは彼が書いた書物全体を通して、私達が見る事ができる教訓を学んだのです。すなわち、神様の力は人間の弱さの前でこそ強く示され(第二コリント4章7節)、それを通して神様のみがほめたたえられるという教訓です(第二コリント10章17節)。問題を取り除く代わりに神様はその問題をくぐり抜けるための力と恵みをパウロに与え、その恵みは「十分である」と言われたのです。



日本語のホームページに戻る



パウロが肉体に与えられた一つのとげとは何だったの?