イエスが夜中に入ってくる盗人のように戻って来られるとはどういう意味ですか?



 

質問: イエスが夜中に入ってくる盗人のように戻って来られるとはどういう意味ですか?

答え:
キリストが夜中に来る盗人のように戻ってくるという考えは,マタイ24:43から来ています。「しかしこのことは知っておきなさい。家の主人が,泥棒が夜の何時に来ると知っていたら、目を見張っていたでしょうし、また、おめおめと自分の家に押し入れられはしなかったでしょう。」イエスの警告の重要な要素はイエスがいつ戻って来られるか誰も知らない、私たちはいつも主の来臨の切迫しているのを見張って準備していなければならない ということです。イエスは、私たちにいつも目を覚まして準備していなければならない、なぜなら、御父以外 にその時がいつか誰も知らないから、と警告しておられるのです。(マタイ24:36-44)

この出来事は空中掲挙として知られるようになりました。空中掲挙という言葉は聖書のどこにもありませんが、出来事は聖書にあります。ここで使われたギリシャ語は harpazo (“急につかまる、姿を消させる”)ですが、1テサロニケ4:16-17にあります。「主は、号令と、御使いのかしらの声と神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それから、キリストにある死者が、まず初めによみがえり、次に生き残っている私たちが、たちまち彼らと一緒に雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちはいつまでも主と共にいることになります。」

この出来事が突然であるという性質が1コリント15:51-54に、「たちまち一瞬のうちに、」と表現してあります。夜中に盗人が警告なしに来るように、キリストも来られる時、警告もありません。だから、マタイ24:44は、私たちに、「用心していなさい。人の子は思いがけない時に来るのですから。」と言っているのです。

クリスチャンにとって、空中掲挙は歓迎する出来事ですが、クリスチャン以外の人にとっては、ひどい艱難の時になります。世界中の何百万人というクリスチャンが説明もなしに突然消えてしまって、あなたが取り残されたのを想像して見てください。私たちは、聖書から、また神の御子の証しによって準備しているようにと十分警告されています。私たちは用意して神の全部の武具によって(エペソ6:13-18)守られなくてはなりません。悪魔はクリスチャンの武具に少しでも裂け目がないかと地上を歩きまわっています。悪魔は罪人にだけに注目していると思ってだまされてはいけません。悪魔はすでに彼らを所有しているのです。彼らが霊的に目を覚ましてキリスト.イエスの方に向かない限り、彼らを悩ます理由はないのです。 悪魔が気にするはクリスチャンです。悪魔が腐敗させて滅ぼしたいと思っているのは私たちです。クリスチャンが目を覚まして私たちの主の再び来られるのを用心して待たなければならない理由はそれです。

私たちには、私たちを教え、導いてくださる聖霊の内在もあります。神の御ことばに従って敬虔な生活をするために必要な物はすべてあるのですから、準備ができていないという言い訳は一つもありません。

神の裁きから脱出する道を備えてくださるほど、神は私たちを愛して下さったことに感謝します。 その道がイエス.キリストです。神の恵みによってイエス.キリストを私たちの罪からの救い主として受入れることで、私たちは罪の赦し、あわれみと救い、そして永遠のいのちの約束を授けられました。(ヨハネ3:16;エペソ2:8-9)キリストにある救い が私たちがキリストの来臨を、準備して待ち望み、喜ぶ方法なのです。



日本語のホームページに戻る



イエスが夜中に入ってくる盗人のように戻って来られるとはどういう意味ですか?