イエスが「自分の十字架を負って、わたしについて来なさい。」(マタイ16:24;マルコ8:34;ルカ9:23)と言われたのはどう意味だったのですか?


質問: イエスが「自分の十字架を負って、わたしについて来なさい。」(マタイ16:24;マルコ8:34;ルカ9:23)と言われたのはどう意味だったのですか?

答え:
まずイエスが言われた意味でないことから始めましょう。多くの人は"十字架"を自分の人生で背負っている重荷;緊張した人間関係、感謝されない仕事、肉体的病気などと解釈しています。自己憐憫の高慢さで、彼らは言います。"それは私が背負わなければならない十字架です。″ そのような解釈は、イエスが「自分の十字架を負ってわたしについて来なさい。」と言われた意味ではありません。

イエスがゴルゴタの丘で十字架につけられるために十字架を負って行かれたとき、十字架が人が負う重荷の象徴だとは誰も思いませんでした。一世紀の人にとって、十字架は、唯一、一つの意味しかありませんでした。最も苦しい屈辱的な、人間が発明した残虐な死刑方法による死という意味でした。

二千年のちに、クリスチャンは十字架を贖い、赦し、恵みと愛の貴重な象徴として見ています。しかし、イエスの時代には、十字架は拷問の死以外の何も代表していませんでした。 ローマは有罪になった犯罪人に十字架刑の場所まで十字架を背負っていくのを強制していたからです。。 十字架を負うということは、自分の処刑の道具を背負って、死に行く道のりの途中、あざけりを 浴びながら行くという意味でした。

だから、「自分の十字架を負って、わたしについて来なさい。」というのは、イエスに従うためには死をもいとわないという意味なのです。これは、"自己に死ぬ"と呼ばれて、絶対的にゆだねることの呼びかけです。 イエスは十字架を負うことを命令された後、言われました。「自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。人は全世界を手に入れても、自分自身を失い、損じたら、何の得がありましょう。」(ルカ9:24-25;マタイ16:26;マルコ8:35-36)この召命は難しいことですが、その報酬は他に類のないものです。

イエスが行かれたどこでもいつも群衆がついて来ました。群衆はイエスをメシヤだと思ってついて来ましたが、彼らの、メシヤが誰か、―そして何をされるか―という考えは歪んでいました。 彼らはメシヤがイスラエルの王国を復興するだろうと思いました。ローマ帝国の圧制からメシヤは彼らを開放してくれると信じていました。 キリストの中心核のグループでさえ、王国はすぐに来ると思っていました。(ルカ19:11)イエスがユダヤ人とローマ人の手で死ぬことを教え始められると、(ルカ9:11) イエスの人気は衰えていきました。 衝撃を受けたイエスに従っていた多くの人たちは、イエスを拒みました。彼らは実に、自分自身の考え、計画、願望を捨てて、神の考え、計画や願望に変えることができなかったのです。

人生が順調に行っている時にイエスについて行くのは簡単です。試練の時に、私たちのイエスへの真のコミットメントが現わされます。イエスについて行く者には、試練が必ず来ると言われました。(ヨハネ16:33) 弟子となるためには犠牲が要求されます。イエスはその代価を一度も隠されたことはありません。

ルカ9:57-62で、三人の人が喜んでイエスについて行きたいように見えました。イエスが彼らにさらに問われたとき、彼らのコミットメントは良くても、熱が入っていませんでした。 彼らはイエスについて行くための代価を計算していなかったのです。誰も自分の十字架を負って、喜んで自分の興味、関心を十字架につけようとはしませんでした。

それで、イエスは彼らに思いとどまらそうとされたようです。典型的な福音の提供の仕方と何と違っていることでしょう! 「さあ、前に出てイエスについて行きましょう。そうすれば友や家族、評判、キャリア、それから命さえも失う可能性があります。」という招きにどれだけの人が応えるでしょう? にせの改宗者の数は減ることでしょう。そのような招きこそ、イエスが「自分の十字架を負って、わたしについて来なさい。」と言われた時の意味でした。

もしあなたが自分の十字架を背負う準備ができているかどうか疑うなら、以下の質問を考えてください。
" もし最も親しい友人の幾人かを失うという意味でも、あなたは喜んでイエスについて行きますか?
"もし家族から疎外されるという意味でも、あなたは喜んでイエスについて行きますか?
"もし自分の評判を失うとしてもあなたは喜んでイエスについて行きますか?
" 自分の職を失うとしても、あなたは喜んでイエスについて行きますか?
" 命を失うとしても、あなたは喜んでイエスについて行きますか?

世界のあるいくつかの場所では、以上のような結果は現実です。質問が「喜んで、、、」」という風に書かれているのに注目してください。イエスについて行くことは、必ずしもこれらのことがあなたに起こるという意味ではありません。しかしあなたは喜んで十字架を背負うつもりですか? もしあなたの人生のある時点で選択―イエスかまたはこの世の楽しみか―を迫られる時になったとしたら、どちらを選びますか?

キリストにコミットするということは、自分の希望や夢、所有物、キリストのために必要なら、命さえも捨てて、日々十字架を負うという意味です。あなたが喜んで十字架を負うつもりがあるなら、その時にだけあなたはイエスの弟子と呼ばれるのです。(ルカ14:27) 報酬は支払う代価に充分価します。 イエスは自己を殺すという召命に従われました。「自分の十字架を負ってわたしについて来なさい」キリストにあるいのちの賜物を与えて、自己を殺されたのです。「いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。」(マタイ16:25).

English


日本語のホームページに戻る
イエスが「自分の十字架を負って、わたしについて来なさい。」(マタイ16:24;マルコ8:34;ルカ9:23)と言われたのはどう意味だったのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける