どうすれば考えをコントロールできるの?



 

質問: どうすれば考えをコントロールできるの?

答え:
考えをコントロールするという大切な事に苦戦しているキリストでゃは多くいます。箴言4:23には「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。」と書いてあります。「心」という言葉の意味には私たちの意識や考えも含まれています。私たちが罪を犯す時はいつでも、まず考えレベルで罪を犯し、それを行動することで再度罪を犯す事だという人もいます。つまり、罪を犯さないようになるためには、罪を根元から断つ事、つまり罪が考えの段階で、心に根を張る前に断つ事が最善なのです。

また、誘惑される事(罪についての考えが浮かぶ事)と罪を犯す事(罪について考え続ける事)は違います。考えが頭に浮かんだ際に、それを神のみ言葉と照らし合わせて吟味し、その考えをその場ですぐに断ち切るか、それを考え続けるべきかを見極める事はとても大事です。私たちがすでに悪い考えを持つ習慣を持ってしまっているのならば、溝にはまってしまった車を道路に出す事が困難なように、考えをコントロールする事は難しくなってきます。下は考えをコントロールし、間違った考えを断ち切る為の幾つかのヒントです。

1.神のみことばをよく知っているならば、罪深い考えが浮かんだ時に(誘惑を受ける時に)、私たちはそれに気付きどうすればいいのかがわかります。イエスは荒野でサタンの誘惑を受けた際に(マタイ4)全ての誘惑に対し、正しい聖書箇所を引用し、ご自分の思いを罪深い方向ではなく、正しい方向に向けられたのです。肉体的な誘惑を受けた際(石をパンに変えるという誘惑)、イエスは神のみに頼る事を教えている聖書箇所を引用しました。この世の栄光を受けるためにサタンのを礼拝するという誘惑を受けた際、イエスは神のみを礼拝し、神のみに仕える事を教え、栄光が神のみに属する事を教えている聖書箇所を引用されました。

神を試みる誘惑を受けた際、(ほんとうに神が約束を守るかどうかを見るという誘惑)イエスは実際に目で見る事をしないでも神とその臨在を信じる事を教えている聖書箇所を引用しました。誘惑を受けた際に聖書箇所を引用する事は魔除けではなく、私たちの思いを聖書の教えに合わせるためです。重要な事は私たちが誘惑を受ける前にみことばを知っておく事です。ですから、日々聖書を読む事はとても大切です。また、私たちが自分が受けやすい誘惑(心配、性的誘惑、怒りなど)を知っているならば、その問題について教えている聖書箇所を勉強し、暗唱するべきです。何を避けるべきであり、どのように対応するべきなのかを事前に知っておく事は誘惑に勝利する秘訣の一つです。

2.私たちは、特に祈りを通して聖霊とその御力に依り頼んで歩むべきです(マタイ26:41)。私たちが自分の力のみに頼って生きるならば、私たちがを待っているのは失敗です(箴言28:26;エレミヤ17:9;マタイ26:33)。

3.私たちは悪い考えに結びつく全ての事を心に入らないようにするべきです。この教えは箴言4:23に書いてあります。私たちは心に何が入る事を許すかどうかを吟味して、心を守るべきなのです。ヨブ31:1には「私は自分の目と契約を結んだ。どうしておとめに目を留めよう。」と書いてあり、ローマ13:14には「主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません。」と書いてあります。ですから、私たちは私たちがつまづく原因になる記事、ウェブサイト、ビデオ、映画、会話などをさけるべきなのです。また、私たちを間違った方向に導く人々と時間を多く過ごす事をさけるべきでしょう。

4.私たちは神を求め、罪深い思いの代わりに神に喜ばれる事を求めるべきです。これが入れ替えの原理です。誰かをにくむ誘惑を受ける際に、その憎しみを神に喜ばれる行動と入れ替え、その誰かに親切に親切にし、優しい言葉をかけ、その人のために祈るのです(マタイ5:44)。盗む代わりに、勤勉に働き、人々の必要を満たす事と入れ替えるのです(エペソ4:28)。異性に対して欲情を抱く誘惑に会う際には、神に目を向け、神が私たちを男と女に創造してくださった事を感謝し、その異性のために祈りましょう(たとえば、「主よ、この人があなたを知り 、信じる事ができますように。この人があなたとの親密な歩みの喜びをしることができますように。」と祈りましょう) (Iテモテ5:2)。聖書には間違った行動や考えを「脱ぐ」事、そして神に喜ばれる行動や考えを「着る」事が教えられています(エペソ4:22-32)。このように罪深い考えを脱いでも、神に喜ばれる考えを着ないならば、それはただサタンに毒麦の種を蒔くための畑を空けておく事にしかなりません(マタイ12:43-45)。

5.私たちは神が定められたように他のキリスト者との交わりをもつべきです。ヘブル10:24-25には「また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。」と書いてあります。私たちがさらにキリスト者に似た者になる事を望んでいる、共にいのれる、私たちのために祈ってくれる、愛を持って私たちに様々な質問をして、私たちが古い習慣におちいらないようにアカウンタビリティーをもって接してくれる信仰の友が必要なのです。

何よりも大切なのは、私たちがキリストを罪から救い主として信じないならば、これらのヒントは何の役にも立たないという事です。まずキリストに信仰をおく事が大事なのです。キリストを信じないならば私たちが罪深い考えや誘惑に打ち勝つ事はできず、神が御自分の民に与えられている約束や聖霊の力を受けることはできないのです。

神は見かけだけでなく、自分の全てを通して御自分を敬おうとする人々を祝福されます。イエスがナタナエルについて言われた「彼のうちには偽りがない。」(ヨハネ1:47)と言われる人に私たちを神が変えてくださいますように。



日本語のホームページに戻る



どうすれば考えをコントロールできるの?