聖書は十分であると言う教理とは?聖書が十分だと言うのはどういう意味ですか?



 

質問: 聖書は十分であると言う教理とは?聖書が十分だと言うのはどういう意味ですか?

答え:
聖書が十分であるという教理はキリスト教信仰の根本的な教義です。聖書だけで十分だということは、私たちを信仰と奉仕の生活のために整えるのに必要なのは聖書以外何もいらないということです。聖書は、イエス.キリストを通して神と人類の間の壊れた関係を回復させるための神の意図を明確に表示してています。聖書は私たちに、信仰と選び、十字架上でのイエスの死と復活による救いについて、教えています。この良いニュースを理解するために、他の何の書物も要りませんし、私たちを信仰生活のために整えるのに他にどんな書 物も必要ではありません。

聖書という時、クリスチャンは旧約聖書と新約聖書の両方を意味します。使徒パウロは、聖書について宣言しました。「聖書はあなたに知恵を与えてキリスト.イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。それは、神の人がすべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者ろなるためです。」(2テモテ3:15-17)聖書が”神の息を吹き込まれて(霊感を受けて)”書かれたのなら、それは”人の息”ではなく、”神の息”を吹きかけられているのです。聖書を書いたのは人間でしたが、それは「聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。」(2ペテロ1:21)人の書いた物が私たちをすべての良い働きのために整えるのに充分であることはないのです。神のことばだけがそれができるのです。さらに、 聖書が私たちを完全に整えるために十分であるのなら、それ以外、もう何も いらないのです。

コロサイ2章は、聖書が十分だということが挑戦されたり、聖書と聖書以外の書が併合されるとき教会が直面する危険について議論しています。パウロはコロサイの教会に警告しました。「あのむなしい、だましごとの哲学によって誰のとりこにもならぬよう、注意しなさい。それは人の言い伝えによるもの、この世の幼稚な教えによるものであって、キリストによるものではありません。」(コロサイ2:8)ユダはもっと直接言います。「私はあなたがたに、私たちが共に受けている救いについて手紙を書こうとして、あらゆる努力をしましたが聖徒にひとたび伝えられた信仰のために戦うよう、あなたがたに勧める手紙を書く必要が生じました。」(ユダ3)”ひとたび伝えられた”という言葉に注目してください。これは、聖書以外の書物をどんなに敬虔な牧師や神学者による物であろうと、教団からの書物であろうと、みことばと同等、または聖書を完成させる書物と見なしてはならないことを明らかにしています。聖書には、信者が、神のご性格、人間の性質、罪、天国、地獄、イエスキリストを通しての救いに関する教理を理解するために必要な物がすべて含まれています。

聖書が十分だということについて最も強力な聖句は詩篇から来ます。詩篇19:7-14で、ダビデは神のことばを喜んでいます。ダビデは、神のことばは、完全で、確かで、正しく、清くて、人の目を明るくし、ことごとく正しいと宣言しています。聖書は”完全”なので、それ以上の書物は必要ではありません。

聖書が十分だという教理は、今日攻撃を受けています。悲しいことに攻撃はあまりにもしばしば私たちの教会内から来ています。世的な経営技術、群衆集めの方法、催し物、聖書以外の啓示、神秘主義、精神的カウンセリングなどは、みな、聖書とその教訓だけではクリスチャン生活にとって十分ではないと宣言します。しかし、イエスは言われました。「わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。またわたしは彼らを知っています。 そして彼らはわたしについてきます。」(ヨハネ10:27)私たちが聞く必要のある声はイエス様だけです。聖書はイエス様の声、完全で全く十分な声なのです。



日本語のホームページに戻る



聖書は十分であると言う教理とは?聖書が十分だと言うのはどういう意味ですか?