キリストのために苦しむことはいつもキリスト者としての生活の一部なの?



 

質問: キリストのために苦しむことはいつもキリスト者としての生活の一部なの?

答え:
聖書にはキリストのために苦しむ事について多く書いてあります。新約聖書が書かれた時代に、キリスト者はしばしば家族や社会でのけ者にされていました。数ある迫害の中でもひどい物は宗教指導者によって行われました(使徒4:1-3)。イエスは弟子たちに「 義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人たちのものだから。」(マタイ5:10)と言われ、「もし世があなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたしを先に憎んだことを知っておきなさい。」(ヨハネ15:18)とも教えられました。

IIテモテ3:12には「確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。」と書いてあります。新約聖書の時代と同様に、現代にも公に信仰告白をした結果、投獄され、拷問され、殺害される事があるとわかっています(ヘブル11:32-38: II コリント12:10; ピリピ3:8; 使徒5:40)。信教の自由のある国に住むキリスト者たちは上のような迫害の事を考え、恐れますが、安全である事を感じ、キリストの御名のために苦しむ何千人ものキリスト者の事を思い、自分が同様な苦しみを経験していない事に感謝をするのです。しかし、迫害には一種類しかないのでしょうか?

イエスは自分について来る事どういう意味なのかを明確に教えられました。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。人は、たとい全世界を手に入れても、自分自身を失い、損じたら、何の得がありましょう。」(ルカ9:23-25)。今日の、「日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」という命令の理解はしばしば不十分です。イエスの生きた時代に十字架は死を意味する物で、誰かが十字架を負う事はその人がその十字架の上で死刑になる判決を受けていた事を意味しています。イエスは、御自分について来る人は誰でも死ぬ覚悟を持っている必要があると言っているのです。私たちは皆が殉教し、投獄され、拷問を受けるわけではないでしょう、ではどのような死をイエスを指しているのでしょうか?

パウロはガラテヤ2:20で「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。」と書いています。キリストについて行くとは、私たちが「自分のやり方」に死ぬ事です。私たちは自分の意志、権利、情熱、目的がキリストと共に十字架につけられ、私たちの人生の支配権はそこで死んだと見なすのです(ピリピ3:7-8)。死には苦しみが付いてきます。肉は死ぬ事に抵抗します。自らに死ぬ事には痛みが伴い、自らの快楽を求める性質に反するのです。しかし私たちはキリストとと肉の両方に仕える事はできません(ルカ16:13; マタイ6:24; ローマ8:8)。イエスは「だれでも、手に鋤をつけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません」(ルカ9:62)と言われました。

パウロはイエスのために多くの苦しみを受けました。彼はピリピのキリスト者達にこう言っています:「あなたがたは、キリストのため、キリストを信じる信仰だけでなく、キリストのための苦しみをも賜ったのです」(ピリピ1:29)。この賜ったという単語は「恵みを持って贈り物として与えられた」というニュアンスがあり、パウロは苦しみをのろいではなく益と見なしているのです。

苦しみは様々な形で経験されます。イエスキリストに従う事を選ぶ事によって、この世との不仲関係を成立させるのです。ガラテヤ1:10には「いま私は人に取り入ろうとしているのでしょうか。いや。神に、でしょう。あるいはまた、人の歓心を買おうと努めているのでしょうか。もし私がいまなお人の歓心を買おうとするようなら、私はキリストのしもべとは言えません」聖書の教えに注意を払うならば、私たちは自らを拒まれ、罵られ、孤独になり、裏切られる状況に置くのです。

もっとも残酷な迫害は自らを霊的であると見なし、神を自分の定義に合わせた存在と見なす人々からきます。私たちが義と聖書の真理のため堅く立つならば、私たちは必ず誤解され、罵られるでしょう。私たちは使徒達はどんな脅しや苦しみを受けてもキリストを宣べ伝える事を思いとどまらなかった事を覚えておくべきです。パウロは「私は、キリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って、キリストの死と同じ状態になり、どうにかして、死者の中からの復活に達したいのです。」(ピリピ3:10-11)と言っています。また使徒5:40-41には使徒達がキリストを宣べ伝えた結果受けた迫害に対し、どんな反応をしたかが記録されています。「使徒たちを呼んで、彼らをむちで打ち、イエスの名によって語ってはんらないと言い渡したうえで釈放した。そこで、使徒たちは、御名のためにはずかしめられるに値する者とされたことを喜びながら、議会から出て行った。」

キリストの弟子である事には何かしらの形での苦しみが伴います。いのちに続く道は険しいと言っています(マタイ7:14)。また私たちは自らの苦しみを通してキリストの苦しみに少しでも共感する事ができるのです。

イエスは人の前で自らを知らないと言うならば、天の父の前で私たちを知らないと言うとも言っています(マタイ10:33; ルカ12:9)。キリストを些細に否定する方法は多くあります。私たちの行動や言動、生活習慣がキリストの御心にかなっていないならば私たちはキリストを否定しているのです。私たちがキリストを知っていると言いながら生活を通してキリストを否定しているならば、私たちはキリストを知らないと言っているのです(Iヨハネ3:6-10)。多くのキリスト者は苦しみたくない事を理由にキリストを些細な形で否定するのです。

私たちが直面する最大の苦しみはキリストが主であると認め、自らの心の主導権をキリストに与える戦いです(ローマ7:15-25) 。どんな苦しみが訪れても、私たちは使徒たちのように、神の「御名のためにはずかしめられるに値する者とされた」しるしとして喜びましょう。



日本語のホームページに戻る



キリストのために苦しむことはいつもキリスト者としての生活の一部なの?