他の人のつまづきの石になるとはどういう意味ですか?


質問: 他の人のつまづきの石になるとはどういう意味ですか?

答え:
他の人の取り扱いについての律法の規制の中で、「あなたは耳の聞こえない者を侮ってはならない。目の見えない者の前につまづく物を置いてはならない。あなたの神を恐れなさい。わたしは主である。」(レビ記19:14)というのにぶつかります。明らかに目の見えない人の前にレンガや石を置くのは残酷ですが、新約聖書は、この実用的なことわざを取って、霊的比喩に変えています。

ペテロが十字架が起こることを否定してイエスを責めた後、イエスは言われました。「下がれ。サタン。あなたはわたしを邪魔するものだ。(別の訳:、あなたはわたしにとってつまづきの石だ。)あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」(マタイ16:23)ペテロはサタンの影響を受けて、イエスがそのために来られたことからイエスの気をそらそうとしたのです。彼は、十字架刑の道につまづきの石を置こうとしたのです。パウロはその考えを繰り返しています。「、、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダy人にとってはつまづき、異邦人にとっては愚かでしょうが」(コリント1:23) メシヤが十字架につけられるという考えは、ユダヤ人にとってはつまづき―メシヤがどのようなお方かという彼らの考えをつまづかせることになるものだったのです。

しかし、たいていの場合、"つまづきの石"は、他の人の神との関係を邪魔する人、又は物のことを指します。マタイ18:5-7でイエスは言われました。「また、誰でも、このような子供の一人を、わたしの名のゆえに受け入れる者はわたしを受け入れるのです。しかし、わたしを信じるこの小さい者たちの一人でもつまづきを与えるような者は、大きい石臼を首に欠けられて、湖の深みでおぼれた方がましです。つまづきを与えるこの世はわざわいだ。つまづきが起こるのは避けられないが、つまづきをもたらす者はわざわいだ。」ちょうど、罪を犯すよりもその手を切ってしまう方がましだというように。(マタイ18:8) 御国の観点からすれば、子供に罪を犯させるよりも、おぼれ死んだ方がましなのです。同じように、パウロは、ローマ14:13で、神のみが裁き主なので、私たちは人を裁いてはならないと 指摘しています。そして、私たちが兄弟を罪に導くことのないように気を付けなくてはいけないとも言っています。

つまづきの石は、道が少しあいまいな時にも起こります。成熟したクリスチャンには従順な訓練された信仰とは反対に見えることが許されるある自由があります。コリントへの手紙は、偶像に捧げられた肉を食べることを懸念しています。 現代の問題には、適度の飲酒、ダンスなどがあります。「ただ、あなた方のこの権利が、弱いひったちのつまづきとならないように、気をつけなさい。」(コリント8:9) 私たちの自由は他の人の神との歩みには値しないのです。神が許される物が他の人に罪を犯させることになるなら、私たちはそれを避けるべきです。クリスチャンとして、私たちには偉大な自由があります。しかし、最も偉大なのは、自分のことよりも他の人のためになることを気遣う自由です。

つまづきの石にならないように気を付けるとは、他の人に罪を犯させることをしないという意味です。これをどのようにやり遂げるかは、私たちの周りの人々の状況と心によります。今も永遠にも神の愛と備えがあることを安心しているので、私たちは弱い人を配慮することができます。―弱い人は、神がどういうお方か、より理解するために、特定の励ましを必要としています。状況によっては、神は恵みの神だということを、実例とするためにその自由に中に生きるという意味にもなるでしょう。別の状況では、弱い兄弟 を立てあげるために、彼らがまだ十分に準備できていない自由を押し付けるのではなく、自分自身を訓練するという意味になるでしょう。しかし、いつでも聖書が罪だと特定している行動に他の人を励まして誘うという意味ではないのです。

English


日本語のホームページに戻る
他の人のつまづきの石になるとはどういう意味ですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける