新約聖書の物語とは何ですか ?


質問: 新約聖書の物語とは何ですか ?

答え:
神が預言者マラキに語られてから400年後に、神は再び語られました。そのメッセージは、マラキ書3:1がもうすぐ成就するということでした。預言者が主の道を整える、メシヤの来られる準備をするという預言でした。

その預言者はヨハネという名前でした。メシヤは、処女マリヤから生まれたイエスと言う名でした。イエスは厳格なユダヤ人として育ちました。イエスは30歳のころイスラエルに対しての公の宣教を始められました。ヨハネは来たるべきメシヤの王国について宣べ伝えていて、彼のメッセージを信じて罪を悔い改めた人たちにバプテズマを授けていました。イエスがバプテズマを受けるために来られた時、神は声に出して言われました。聖霊が目に見える形でイエスの上に下りて来られ、イエスが約束されていたメシヤであることが確定されました。その時から、イエスを世界に紹介する目的が果たされたので、ヨハネのミニストリーは終わりに近づきました。(マタイ3章)

イエスは様々な職業の人たちから12人の弟子たちを呼び寄せて、奉仕のための力を与え、その訓練を始められました。イエスが旅をして宣教されるとき、病気の人を癒し、イエスのメッセージを権威づけるその他多くの奇跡を行われました。イエス宣教の初めのころには非常に大きな成長を見ました。イエスの奇跡で畏怖の念に打たれたり、教えに驚いたりして、多くの群衆がイエスの行かれるところどこにでもついて来ました。(ルカ9:1;マタイ19:2)

しかしながら、すべての人がイエスに魅惑されたわけではありません。ユダヤ人社会の政治的、宗教的指導者たちは、彼らの規則や伝統が救いの道ではないというイエスの教えに反感を持ちました。 彼らは何度もイエスと対立しました。イエスは彼らを偽善者だと公けに言われました。 パリサイ人たちはイエスの奇跡を目撃していましたが、その奇跡を通して生ける神に栄光を帰す代わりに、悪魔の仕業だとしました。(マタイ12:24;15:3;マタイ23章)

イエスに自分を王とする、またはローマ帝国を倒す意図がないことが判明するにしたがって、イエスについて来る群衆の数は減っていきました。ヨハネは逮捕され、結局牢獄で処刑されました。イエスは12弟子たちにもっと注目されるようになられました。12弟子たちのほとんどがイエスは神の御子であると認識していました。一人だけが信じていませんでした。それはユダでした。彼は、ユダヤ人にイエスを売って裏切る方法を積極的に探し始めました。(ヨハネ6:66;マタイ16:16;26:16)

最後のエルサレムへの旅の時、イエスは弟子たちと共に過ぎ越しの祭りを祝われました。その晩、祈りの時の間に、ユダは武装した一団をイエスのところへ連れてきました。イエスは逮捕され、一連の模擬裁判に引きずりまわされました。イエスはそれでも無実であると認めていたローマの総督によって、十字架刑を言い渡されました。イエスは十字架にかけられました。イエスの死の瞬間、大きな地震がありました。イエスの遺体は十字架から降ろされて、近くにあった墓に急いで納められました。(ルカ22:14-23、39-53:マルコ15:15、25;マタイ27:51;ヨハネ19:42)

イエスの死後三日目に、イエスの墓が空っぽだということが発見されて、み使いはイエスはよみがえられたと宣言しました。それからイエスは、肉体を取って弟子たちの前に現れ、40日間弟子たちと過ごされました。 40日後に、イエスは使徒たちを任命して彼らが見ている中で天に昇天されました。(ルカ24:6、24:ヨハネ21、14;使徒伝1:3-9)

イエスの昇天から10日後に弟子たち120人がエルサレムに集まって、祈りつつ、イエスが約束された聖霊が来られるのを待っていました。ペンテコステ(五旬節)の日に、聖霊が弟子たちの上に下って彼らを満たし、彼らが習ったこともない外国語で話す能力を与えられました。ペテロとその他の者たちはエルサレムの通りで福音を宣べ伝えて、その結果、3000人が、主イエスは死んで三日目によみがえられたというメッセージを信じました。 信じた人たちはイエスの御名によってバプテズマを受けました。こうして教会が始まったのです。(使徒伝2章)

エルサレム教会は、使徒たちが奇跡を行い、偉大な力で教えたので、ますます大きくなりました。しかし、新しい信者たちは、すぐに迫害に直面しました。サウロという若いパリサイ人に指揮されて。 多くの信者たちはエルサレムを離れなければならなくなりましたが、行く先々でイエスキリストの良いニュースを 伝えて歩きました。他の社会でも信者の集まりが出てくるようになりました。(使徒伝2:43;8:1,4)

福音を受け入れた地方のひとつはサマリヤです。エルサレム教会は、そこの教会について聞いた報告を確かめるためにペテロとヨハネを送りました。ペテロとヨハネがサマリヤに着くと、ペテロとヨハネは彼らに降りてきたのと同じ方法で聖霊が降りて来られるのを目撃しました。疑いなく教会はサマリヤにも広がっていたのです。そのすぐ後に、ペテロはローマの百人隊長とその家族にも聖霊が下られるのを目撃しました。それで、教会は異邦人の間にも同じように広がって行きました。(使徒伝8:14-17;10:27-48)

12弟子のひとりヤコブはエルサレムで殉教を遂げました。サウロはクリスチャンに対する憎しみをダマスコにまでもっていく計画をしていました。しかし、途中でイエスが彼の前に現れました。以前の教会の迫害者は熱心なキリストを宣べ伝える説教者と変えられました。数年後にサウロ/パウロはアンテオケの教会の教師になりました。そこにいる時、彼とバルナバは、世界で最初の〝外国へ行く宣教師"として、聖霊によって選ばれ、キプロスと小アジアに向けて出発しました。パウロとバルナバは旅するとき、多くの迫害と困難に会いましたが、多くの人たちが救われました。―テモテという名の若者も含めて―そうして教会は確立されました。(使徒伝9:1-22;12:1-2;13-14章)

さてエルサレムでは、異邦人を教会に受け入れることで、質問が起きました。異邦人のクリスチャン(以前の偶像崇拝者)に、律法を一生守ってきたユダヤ人クリスチャンと同等の地位を与えるべきか?もっと特定すると、異邦人クリスチャンは救われるために割礼を受けなくてはならないか?この質問を考えるためにエルサレムで会議を島市ペテロとパウロは、神は割礼の儀式なしに異邦人にも聖霊をお与えになったという証をしました。会議の決断は、救いは恵みのゆえに信仰によってであって、救いのために割礼は不用であるということでした。(使徒伝15:1-31)

パウロは再び、宣教の旅に出ました。この時はシラスを伴って。途中でテモテが参加しています。それからルカという医者も。 聖霊の命令で、パウロの一同は小アジアを離れて、ギリシャに行きました。そこではもっと多くの教会、―ピリピ、テサロニケ、コリント、エペソ、その他の多く―が確立されました。後になって、パウロは三度目の宣教旅行に出ました。パウロの活動の方法はほとんどいつも同じでした。―まずユダヤ会堂に行って、 それぞれの社会でユダヤ人に福音を伝えました。たいていユダヤの会堂では拒まれましたが、その代わりに異邦人に福音のメッセージを告げました。(使徒伝15:40-21:17)

友人たちの警告に反して、パウロはエルサレムに行きました。そこで、彼は彼を殺そうとする暴徒たちに襲われました。パウロはローマの軍司令官によって助けられ、保護のために兵舎に入れられました。パウロはエルサレムでユダヤ議会の前で裁判にかけられるところでしたが、そこで混乱が起こり、パウロはカイザリヤに連れて行かれて、そこでローマ人の裁判官の前に立つことになりました。カイザリヤに数年いた後、パウロはローマの法律では、そうする権利があったのでカイザルに上訴しました。 (使徒伝21:12;27-36;使徒伝23:1-25:12)

パウロは船で囚人としてローマに連れて行かれました。その時ルカも一緒に行きました。その途中、激しい嵐に見舞われて、船は破壊しましたが、誰もが無事にマルタ島に上陸しました。そこで、パウロは奇跡をしてその島の総督の注意を買いました。また福音は広まったのです。(使徒伝27:1-28:10)

パウロがローマに着くと、自宅監禁になりました。彼の友人たちは訪ねてくることができて、パウロが教えるためにある程度の自由はありました。 ローマ兵の監視の中には幾人かが回心しました。カイザルの家の者たちさえもイエスを信じました。(使徒伝28:16、30-31;ピリピ4:22)

パウロがローマに監禁されている間にも、神のわざは地中海あたりの世界で引き続き起きていました。テモテはエペソで、テトスはクレタ島で、アポロはコリントで仕え、ペテロはたぶんローマに行ったと思われます。(1テモテ1:3;テトス1:5;使徒伝19:1;1ペテロ5:13)

ほとんどの使徒がキリストへの信仰のために殉教しました。最後の使徒はヨハネですが、老年になってパトモス島に島流しにされました。そこで、彼は主イエスから教会宛てのメッセージと終わりの時に関するまぼろしを受け取りました。それは黙示録として記録されています。(黙示録1:9,4,19)

English
日本語のホームページに戻る
新約聖書の物語とは何ですか ?