霊的訓練とは何?


質問: 霊的訓練とは何?

答え:
訓練は、〝ある特定の性格、又は行動のパターンを産み出すのを期待して行う訓練"と定義されます。訓練は罪の性質の一部ではありませんが、クリスチャン生活の自然な構成要素です。 事実、私たちの人生で重要性のあるものは、たいてい訓練なしで成し遂げることはできません。霊的訓練は、私たちの霊的成長を増大させ、霊的成熟を可能にする行動と述べることもできます。霊的成長と発達の過程は、復活されたキリストに出会い、救われるためにキリストの元に行く瞬間から始まります。

霊的訓練の目的は、私たちの内面―救われた時キリストによって変えられた内面(2コリント5:17)の発達です。贖われた信者は、内側から性格全体が新しくされる体験をしています。―内面は考え、感情、性格 の違いが関係しますが、外面的行動が証拠として現れるのは少し遅れるかもしれません。パウロが、"古い人を脱ぎ捨てて"「造り主のかたちに似せられてますます新しくなる」新しい人を着ると言った時、このことを思っていたのです。(コロサイ3:9-10)

今日、霊的訓練について多くの人気のあるプログラムや本が出ていますが、中には自己訓練のための様々な方法を概略しようとして、聖書からあまりにもかけ離れたものもあります。す。いくつかのこれらの方法は、神秘的、聖書の外典的なものに近いのです。時には東洋的神秘主義、カトリック神秘主義、ニューエイジの思想を掘り下げています。この運動の中から、"聞く"、神の声を聞く事、瞑想する祈りを息する/それに浸かるなどの非聖書実行が出てきました。 霊的訓練の理解の間違いを防ぐ最高の方法は、クリスチャン全部に与えられた明確な命令を守ることです。クリスチャンは自分をみことばに浸って、みことばを通して語られる御声を聞き、祈りの中で、神に語りかけるべきなのです。

最も需要な訓練は、みことばが関係しています。みことばを読んで、研究し、暗記して、みことばを黙想することです。もしこの訓練をおろそかにすると、他のどんな自己訓練の 努力も成功しないでしょう。なぜなら、私たちには、新しい性質の中に住む罪の性質を克服する力がないからです。それに、悪霊の影響という抵抗を克服する力もありません。悪霊の目的はいつも唯一の霊的成長の方法、みことばから私たちを引き離そうとすることですから。パウロはテモテに聖書の本来の性質を思い起こさせて、聖書は文字通り、神の口から. ―つまり「神の息吹(神の霊感)による」こと、それで、神の力そのものが含まれています。(2テモテ3:16-17) パウロはまた福音を〝神の力″(ローマ1:16)だと言って、クリスチャンに、悪霊の軍隊に対する唯一の攻撃の武器、御霊の剣である神のことば受け取りなさいと励ましています。(エペソ6:17)私たちは霊的訓練の努力を、唯一の力の源、みことばで始めなければなりません。

聖書を暗記することも主要要素です。私たちにはいつも何を心に貯えるかを選ぶ自由があります。それを思うと、暗記は極めて重要です。もし私たちが本当に聖書は神のことばだと信じるなら、どうしてそれを暗記しないでいられるでしょう? 暗記は、それを常に私たちの心の中心において 置くことを可能にします。そして、人生のすべての状況に対して、その教訓に従って反応することを可能にするのです。聖書を暗記する必要に関して、最も力強い箇所のひとつは、ヨシュア記1:8にあります。「この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちに記されているすべてのことを守り行うためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。」 私たちがより効果的に祈り、黙想することができるのは、暗記という訓練を通してです。 そして今度は私たちが、神が成功を定義されるように、"繁栄し、栄える″ようになるのを可能にしてくれるのです。私たちが神の方法と御心に従って歩むとき、私たちは、新しい聖霊に満たされた者、神のような心の人に染まるのです。

もう一つの訓練は、祈りです。感謝、崇拝、嘆願、願い、告白がともなります。祈りについて素晴らしいことは、神が私たちのいる所で会ってくださることです。神は私たちのそばにいて、より深く、現実の関係へと導いて下さいます。罪責感に動機付けられてではなく、神の愛に駆り立てられて。 私たちの人生でイエスとそのみこころに従うようになりたいのです。 私他h氏が祈る時、神はゆっくりと、優しくご自分を現わしてくださいます。 神の愛をより深く理解し、経験するのはこのような時なのです。もちろん、訓練された祈りの大きな成果のひとつは、祈りの答えです。しかし、実際、本当の祈りの目的―つまり、神との成長し続ける終わりのない交わり―に比べたらそれは二次的なことですが。

以上のことを総括すると、祈りとみことばの訓練は、敬虔な生き方、賛美、従順、奉仕、救いとそれを備えてくださった神を祝う祝賀へと導く有益なプログラムなのです。これらの訓練を通して、私たちは神の命令―「、、、恐れおののいて自分の救いの達成に努めなさい。。神は御心のままに、あなた方のうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。」(ピリピ2:12-13)に従うことができるのです。

English


日本語のホームページに戻る
霊的訓練とは何?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける