霊的要塞についての聖書的な観点はどんな物?



 

質問: 霊的要塞についての聖書的な観点はどんな物?

答え:
要塞と訳されている単語は新約聖書で一回使われていて、使徒パウロがキリスト者の直面する霊的戦いを表す際に使っています。「私たちは肉にあって歩んではいても、肉に従って戦ってはいません。私たちの戦いの武器は、肉の物ではなく、神の御前で、要塞をも破るほどに力のあるものです。」(IIコリント10:3-4)この箇所は霊的戦いについて次の点を教えています:

1) 私たちの戦いはこの世の戦い方や作戦とは違う事。

2) 私たちの戦いは霊的な物であり、従って私たちの武器は物理的な物ではない事。銃や戦車とは違い、私たちは神の武具を取るべきなのです。「では、しっかりと立ちなさい。腰には真理の帯を締め、胸には正義の胸当てを着け、足には平和の福音の備えをはきなさい。これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。」(エペソ6:14-17)。

3) 私たちの力は神から来る事。

4) 神は霊的要塞を破壊する事である事。

では、霊的要塞とはどんなものでしょうか?上の聖書箇所でパウロはこの比喩を説明しています。「 私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに服従させ、」(IIコリント10:5)これらは哲学、論理やこの世の 数々の策、高慢な、人間中心な、自己過信などです。

次の点を想像してみて下さい。霊的武具を身につけたキリスト者がこの世をキリストのために打ち取るために出ていっても、障害に直面します。敵は神の真理と贖いのご計画を阻止するために要塞を築いたからです。論理の要塞には様々な議論が用意されています。情熱の要塞には欲望、快楽や貪欲が備えられています。そして高慢の要塞には人間の心が王座に座り、人類の優秀さや十分さを謳歌しています。

敵は確固たる地位にあり、これらの要塞は何千年もの間立ち続け、真理に反抗し続けています。しかしながらこれらの事実は戦うキリスト者を思いとどませるものではありません。神の武具を用いて要塞を攻撃し、キリストのみの力を通して要壁は破壊され、罪の砦は破壊されるのです。打ちとられた要塞に入り、キリスト者は全て、神からの独立宣言をした間違った教え、人間的哲学や高慢さをキリストに服従させるのです。

上の例はヨシュアがエリコの街を打ち取った物語と似ています。ヨシュア6章の物語は霊的真理を表している素晴らしい例です。

私たちが抵抗を受けるのは福音を伝える際だけではありません。私たちは日常生活、家族や教会内でも悪魔の要塞に直面します。何かしらの中毒や、高慢、情欲と戦った事がある人は皆、罪、信仰の欠け、この世的人生観は「要塞」である事を知っています。

主はご自分の教会を建て、「ハデスの門はこれに打ち勝ちません」(マタイ16:18)と言われました。教会に必要なのは、万軍の神に全てをささげた、神の武具を取った、キリスト者戦士達です。「ある者はいくさ車を誇り、ある者は馬を誇る。しかし、私たちは私たちの神、主を御名を誇ろう。」(詩篇20:7)。



日本語のホームページに戻る



霊的要塞についての聖書的な観点はどんな物?