霊的旅路とは何?


質問: 霊的旅路とは何?

答え:
霊的旅路ということばは多くの違った宗教で用いられていて、人が神、この世、そして自分自身の理解において成長し、自然の進歩をすることという意味です。それは、知識と知恵 に置いてより深く成長するための意図的生活様式です。 しかし、イエス.キリストの人格とわざに基づいていないある種の"霊性"を求める旅路は、よりキリストに似た者となるための霊的旅路という意味とは大きな違いがあります。

クリスチャンの霊的旅路とニューエイジの解釈にはいくつかの違いがあります。ニューエイジはマントラを一日に数時間唱えるようにと言います。 聖書は、祈りを通して神と日々会話をするように言います。(1テサロニケ5:17) ニューエイジは人は自分の旅路を選ぶことができると信じ、すべての道が同じ目的地にたどり着くと教えます。聖書は道は一つしかない―キリストしかないと言っています。(ヨハネ14:16)ニューエイジは霊的旅路は宇宙との調和という結果になると信じます。聖書は、宇宙は格闘している(エペソ6:12)そして旅路の一部は他の人のたましいと自分自身の歩みのための戦いだと教えています。(1テモテ6:12)

もう一つの違いは、聖書は実際の霊的旅路とその旅路の段階について語っていることです.クリスチャンは、まだ素朴な目で世界を見ている子供として始めます。(1コリント13:11) まだあ肉に影響されています。神と神との自分の立場について基礎的な勉強が必要です。(1コリント3:1-2;1ペテロ2:2) 新しいクリスチャンは、信仰の幼い者として適切な役目を教会で与えられます。(1テモテ3:6) クリスチャンが神とこの世とについての理解において成長するにつれて、この世に対してどのようにふるまうか、また世とどのように関係するか学ぶようになります。(テトス2:5-8) 霊的旅路にあってより進んでいる人は和解人の見本となり(テトス2:3-4)時には教会の指導者になります。(1テモテ3章)

霊的旅路の中心はそれが旅路であること理解することです。誰も完璧ではありません。一旦信者になると即、霊的成熟を期待されるわけではありません。それよりもクリスチャン生活は、私たちの注意(2コリント7:1)と私たちのうちに働く神のわざなのです。( ピリピ1:6;2:12-13) そしてそれは機会や意図よりも年齢に関係しているのです。(1テモテ4:12)

むなしいことを唱えることで満ちている霊的旅路はむなしい心になるだけです。聖書を学び、聖書に従うことと神に信頼することで満ちている旅路は、世界とこの世界の創造主への深い愛を真に理解することになる一生の冒険なのです

English


日本語のホームページに戻る
霊的旅路とは何?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける