霊的な攻撃に会った時、何をしたらいいのですか?


質問: 霊的な攻撃に会った時、何をしたらいいのですか?

答え:
私たちが霊的攻撃に会っているかもしれないと思うとき、まず第一にすべきことは、悪霊の勢力からの霊的攻撃を受けているのか、又は単に罪で呪われたこの世に生きている結果なのかをできる限り判断することです。すべての罪、対立、問題.を悪霊のせいにして悪霊払いをする必要があると信じる人たちがいます。 使徒パウロは、クリスチャンに自分の中にいる罪と戦うようにと訓戒しています。(ローマ6章)そして悪魔と戦うようにと。(エペソ6:10-18)しかし、本当に悪霊からの霊的攻撃を受けているとしても、また単に自分自身のうちの悪とこの世に住む悪と戦うにしても、、戦いの計画は同じです。

戦いの計画のカギはエペソ6:10-18にあります。まず、自分の力ではなく、主にあって、主の力によって強められなさいとパウロは始めています。自分の力はとても悪魔と悪霊の勢力に勝てるようなものではありません。次に霊的攻撃に立ち向かう唯一の方法である神の武具を着けることを勧めています。 自分自身の力では、"天にいるもろもろの悪霊達"を打ち負かすチャンスはありません。(12節) "神のいっさいの武具"だけが霊的攻撃に立ち向かうために整えてくれるのです。 唯一、主の力にあって強いのです。私たちを守ってくれるのは神の武具だけなのです。私たちの格闘は、世の悪の霊的勢力に対してです。

エペソ6:10-18は神が下さる霊的武具を述べています。良いニュースはこれらの武具はキリストに属する者すべてに容易に手に入るものです。私たちは、腰には真理の帯を締め、胸には正義の胸当て、足には平和の福音の備え、信仰の大楯を取り、救いの兜をかぶり、みことばの霊の剣を構えて堅く立たなければなりません。また「すべての祈りと願いを用いて、どんな時にも、御霊によって祈りなさい」とも教えられています。(エペソ6:18)霊的戦いにおいて、霊的武具のそれぞれの部分は何を代表しているのでしょうか?.私たちはサタンの偽りに対して真理を告げなければなりません。 私たちはキリストの犠牲によって義 と認められている事実に安心していなければなりません。どんな抵抗に会っても、福音を宣べ伝えなければなりません。 どんなに激しく攻撃されても、私たちの信仰は動揺してはいけません。 私たちの究極的な防衛は私たちの救いの確信です。どんな霊的勢力も救いを奪うことはできないという確信です。私たちの攻撃の武器はみことばで、自分の意見や感情ではありません。最後に、私たちは、霊的勝利は祈りを通してだけ可能であることを認識して、イエスの模範に従わなければなりません。.

霊的攻撃をかわすことにかけて、イエスは究極的な見本です。イエスが荒野でサタンから直接攻撃を受けられた時にどう対応されたかを見てください。(マタイ4:1-11)それぞれの誘惑に同じように答えられました。―"~と書いてある"、と言って聖書を引用されました。イエスは生ける神のことばが悪魔の誘惑に対する最強の武器であることを知っておられました。 もしイエスご自身が悪魔に対して反論するのにみことばを用いられたのなら、私たちは敢えてそれより以下のものを用いるでしょうか?

霊的戦いに交戦すべきではない究極的見本は、ユダヤ人の祭司スケワの7人の息子たちです。彼らは悪霊に憑かれた人たちに向かってイエスの御名を唱えて悪霊払いをしようとしました。ある日、悪霊が応えて言いました。「自分はイエスを知っているし、パウロもよく知っている。けれどお前たちは何者だ。」と言った。そして悪霊に憑かれている人は、彼らにとびかかり、二人の者を押さえつけて、みな打ち負かしたので、彼らは裸にされ、傷を負ってその家を逃げ出した。」(使徒伝19:15-16)スケワの7人の息子たちは、イエスの名前を使いましたが、イエスとの関係がなかったので、彼らのことばには何の力も権威もなかったのです。彼らは、イエスを救い主として信頼していなかったので、霊的戦いにみことばを用いなかったのです。その結果、彼らは恥ずかしい目に会って、傷を受けてしまいました。私たちも彼らの悪い例から学んで、聖書の教えに従って霊的戦いをしますように。

English


日本語のホームページに戻る
霊的な攻撃に会った時、何をしたらいいのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける