クリスチャンは社会主義をどのように見るべきでしょうか?



 

質問: クリスチャンは社会主義をどのように見るべきでしょうか?

答え:
何世紀にもわたって、ほとんどの哲学者たちは、歴史というものは思想や、実在の探究、あるいは人間の理性によって形作られていると信じてきました。しかし、ある一人の有名な哲学者が、人類のすべての歴史の背後でそれを動かしている要因は、むしろ、経済であると主張しました。カール・マルクスは1818年にドイツ系ユダヤ人の両親のもとに生まれ、23歳で博士号を取得しました。その後、彼は、人間のアイデンティティーが個人の仕事と深く結びついていることと、経済制度が人を完全に支配することを証明するという任務に乗り出しました。人類が生き残るのはその労働によるのだと主張して、マルクスは人間社会が分業によって成り立っていると信じました。

マルクスは歴史を研究し、社会は何百年もの間、農業の上に築き上げられてきたとの結論に達しました。ところが、産業革命によってすべてが変わり、マルクスによれば、それは自分自身のために自由に働いていた人たちが、経済のために代わりに工場で働かざるを得なくされたためでした。マルクスは、彼らの何者たるかが労働によって定義されていたために、これが彼らの尊厳とアイデンティティーを剥ぎ取ってしまい、彼らは今や有力な工事監督に支配されるただの奴隷に成り下がってしまったのだと感じました。この見解は資本主義経済がマルクスにとって天敵であったことを意味していました。

マルクスは、資本主義が私有財産を重視したために所有者を少数の特権階級者にまで減少させてしまったのだと推定しました。マルクスの頭の中には二つの別々の「コミュニティー」が浮上しました。その二つとは資本家、すなわちブルジョワジーと労働者階級、すなわちプロレタリアートです。マルクスによると、ブルジョワジーはプロレタリアートを利用、搾取します。その結果、ある人の利益が別の人の損失となってしまいます。さらに、マルクスは、資本家が立法家を動かして、労働者の尊厳や権利が失われても確実に自分たちの利益が守られるようにしていると信じました。最後に、マルクスは、宗教は富む者たちが労働者階級を操るために使う「大衆のアヘン」であるとの意見を持っていました。それはプロレタリアートには、神によって置かれた場所で(ブルジョワジーに従属して)勤勉に働き続ければ、いつか天国においての報酬が約束されているとするものです。

マルクスの思い描いた地上のユートピアでは、人々は人類共通の利益のためにすべての物とすべての仕事を共同所有します。マルクスの目標は、経済生産のあらゆる手段を行政が所有することによって私有財産の所有を終わらせることでした。マルクスは、いったん私有財産が撤廃されれば、人のアイデンティティーが高められ、資本主義のせいで資本家と労働者階級の間にできてしまったとされている壁が崩されるであろうと感じたのでした。すべての人が互いを尊重し、共有の目的のために共に働くであろうと考えられました。

マルクスの考え方には少なくとも四つの誤りがあります。第一に、ある人の利益が別の人の犠牲の上に成り立たなければならないという彼の主張は、根拠の薄い社会通念です。資本主義の構造は、技術革新と競争によってすべての人が生活水準を上げるための余地を残すものです。複数の人物・団体が、彼らの商品やサービスを求める消費者たちから成る市場において競合し、成功するのは、完全に実行可能なことです。

第二に、マルクスは製品の価値はそれに込められた労働量に基づいていると誤って信じていました。品物やサービスの品質は単純に労働者が費やす労力の量によって決められることはできません。例えば、優れた大工は未熟な職人よりも素早く見事に一点の家具を作りあげることができます。よって、その作品は資本主義のような経済制度においてはるかに高く(また正当に)評価されるでしょう。

第三に、マルクスの理論は全く腐敗のない行政を必要とし、その集団内におけるエリート主義の可能性を否認するものです。歴史が何かを示してきたとすれば、それは権力が堕落した人類を腐敗させること、そして絶対的権力は絶対に堕落するということです。国家あるいは政府は神という概念をつぶしてしまうかもしれませんが、そうすると何者かが神にとって代わることになります。その何者かというのは、たいてい、自分たちの特権的な地位を何が何でも維持するために全住民を統御し始める個人、あるいは団体なのです。

そして最も重要なことですが、第四に、マルクスは、人のアイデンティティーがその人の仕事と堅固に結びついているという点で誤っていました。確かに世俗主義社会はこの説をほぼすべての人々に押し付けますが、聖書はすべての人は永遠なる神の形に造られているために皆等しく価値があると言っています。真の本質的な人間の価値があるのはそこなのです。

マルクスは正しかったのでしょうか。人類の歴史の原動力は経済なのでしょうか。そうではありません。人類の歴史を方向付けるのは、あらゆる国家の興亡も含めてすべてのことを支配する宇宙の創造主です。加えて、神はまた、聖書に書かれているように、誰をそれぞれの国家の責任者とするかも管理しています。「いと高き方が人間の国を支配し、これをみこころにかなう者に与え、また人間の中の最もへりくだった者をその上に立てる」(ダニエル書 4:17)。その上、労務における技術とそこから派生する富とを人に与えるのは神であり、政府ではないのです。「見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。」(伝道者の書 5:18-19)



日本語のホームページに戻る



クリスチャンは社会主義をどのように見るべきでしょうか?