なぜ宗教に対する懐疑主義が今日普及しているのでしょう?


質問: なぜ宗教に対する懐疑主義が今日普及しているのでしょう?

答え:
宗教に対する懐疑主義はあからさまな無神論、又は非宗教と混乱するべきではありません。無神論者もあるタイプの宗教の懐疑主義者と考えることもできますが。 宗教的懐疑主義者は、単に宗教に対して真剣に疑いを持っている人、又は宗教にあいまいな感じしか持っていない人かもしれません。実際、宗教的懐疑主義は 何も新しいことではありません。有名な懐疑主義者、ナタナエル(ヨハネ1:45-47)とトマス(ヨハネ20:25)はイエスの弟子になりました。疑いを持ってはいましたが。 しかし今日,宗教的懐疑主義はもっと流行ってきています。

多くのことが宗教的懐疑主義の流行に貢献しています。一つは一般の文化です。千年以上もの間、西洋文化の精神は"クリスチャン″でした。つまりユダヤ教とキリスト教に共通の世界観は尊敬されて教えられてきました。いつもそのように生きたわけではなくとも 。それが変化し始めたのは、17世紀初めの啓蒙運動(または理性の年代)のころでしたがそれは産業時代、人間が何の障害も知らなかった時代にも続きました。文化的変化はモダン時代から今はポストモダン時代に、一部には多くの違った文化と思考方法の流入のせいで、加速しました。

バーナ.グループの社長、デイビッド.キナマンは、その著書"アン(非).クリスチャン":「新しい世代は、本当にキリスト教について何と思うか。、、、なぜ大事か。」言っています。 「多くのアメリカの若者は人生は複雑だ―大量の情報、世界観、彼らが日々直面する選択肢の中でどのように生活すべきか知るのは困難だ。若者がキリスト教に関して頻繁にする特定の批判の一つが、キリスト教が思慮に富む深い、又はチャレンジする答えを、複雑な文化に生きるための答えを与えないということです。」つまり、彼らは文化的問題に対する聖書の答えを単純すぎると見ているのです。社会はあまりにも"洗練されている"ので、"古臭い″聖書のことに関心を持てないということです。 彼らは基本的な聖書の答え、〝なぜなら聖書がそう言っているから。"というような答えを拒否します。彼らには、―多分一度も教えられていないのかもしれませんが―聖書の命令の根底に潜むより深い理由があることが見えないのです。

今日の宗教的懐疑主義のもう一つの理由は、宗教の従事者に関してのことです。残念ながら、信心深い人々の中には不道徳、不正直、又はただ意地悪なだけの人がいます。 宗教懐疑主義の人の中には過去に宗教で悪い経験をした人たちもいます。バーナ.グループによると、ミレニアル(1985-2002年に生まれた人たち)の中で宗教懐疑主義は増えてきタ一番大きな理由は、 アメリカでは、本当に非クリスチャンの"クリスチャン"との個人的関係を持った人たちにあります。宗教的偽善のせいで、多くの人が、幻滅し、かつては西洋の世界を固めた信仰から離れたのです。

自称クリスチャンの間でキリストらしくない態度や行為が欠けているのは、彼らが個人的に変えられていないからです。私たちはキリストに似た者になるために召されているのです。しかし多くのクリスチャンが文化の不義により焦点を当てて、自分の心の義に目を当てていません。 彼らはガラテヤ2:20のポイントを失っています。「私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、、キリストが私のうちに生きておられるのです。、、」十字架につけられたいのちが偽善に対抗するのです。

宗教的懐疑主義に貢献するもう一つの要素が経験主義に頼りすぎることです。お疲れ様です。何事も一つの疑いもないほど"証明"してほしいと思う人たちは自然と霊的真理について懐疑的です。 霊的真理は料で計ることも解剖も、実験室でテストすることもできません。皮肉なことに、多くの宗教的懐疑主義者たちは自然進化論―一度も証明されたことはないのですが―、を真理として受け入れます。その一方、福音書の中のイエスの奇跡の目撃者の報告は拒否しています。

宗教的懐疑主義は、すべての宗教の信条を公平に考慮したい―そして異なる宗教の組織が支持する対立する信条を理解したい―という願望が原因で起こることもあります。一つのグループはイエスについて一つのことを言い、別のグループは反対のことを言います。ほかのグループはイエスを完全に不要にして、魅惑的なグル、又は知的な思想、又は不思議な形の石の方を選びます。誰でも少し懐疑的にならざるを得ません。この混乱に加えて、ポストモダン相対主義の広く受け入れられていること、多くの宗教的懐疑主義者が今日これほどいるのは不思議ではありません。

知性に根拠を置いた宗教懐疑主義そのものは悪くありません。事実健全な懐疑主義はいいことです。―偽りの教えには慎重であるべきです。「それらの霊が神からのものかどうか試しなさい。」(1ヨハネ4:1)と私たちは教えられています。健全な永続する信仰は質問し、答えを探す許可を組みいれています。神は私たちの綿密な調査に持ちこたえることができます。そして疑うことは不信と同等にならなくてはならないわけはありません。神は私たちに、「さあ、来たれ。論じ合おう」と言われました。(イザヤ1:18)

私たちは「外部の人たちに対して賢明にふるまう」必要があります。(コロサイ4:5;1テサロニケ4:12;1テモテ3:7も参考)そして懐疑者を真理に導くために会話に引き入れることができます。 使徒ペテロは、「あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、誰でもいつでも弁明できる用意をしていなさい。」(1ペテロ3:15)と言っています。この命令のすぐ後に、質問する人にどのように説明するかを教えています。「ただし、優しく、つつしみ恐れて、また正しい良心を持って弁明しなさい。そうすれば、キリストにあるあなたがたの正しい生き方をののしる人たちが、あなた方をそしったことで恥じ入るでしょう。」(1ペテロ3:16)ポストモダンの時代では、謙遜と尊敬が懐疑者を扱う上で 重要です。

English


日本語のホームページに戻る
なぜ宗教に対する懐疑主義が今日普及しているのでしょう?