地上生涯で完全な聖化/罪のない完全さを達成する事は可能?



 

質問: 地上生涯で完全な聖化/罪のない完全さを達成する事は可能?

答え:
エペソ4:13には霊的賜物は「ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全に大人になって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するため」に与えられたものであると書いてあります。訳によっては「大人になる」の代わりに「完全になる」と訳されている事があり、地上生涯で罪のない完全さを達成する事ができると勘違いする人々が出てきたのです。聖書には私たちがこの肉体に生きる限り罪の性質と戦い続ける事が書いてあります(ローマ7:14-24)。ですから、天国に行くまで「罪のない完全さ」を達成する人はいないのです。

エペソ4:13で使われているギリシャ語の単語はテレオスと言います。この単語は新約聖書でたびたび使われていて、「完全」「完了」「成熟した」「大人」という意味があります。エペソ4:13は私たちがキリストにあって成長すればするほど、教会が強く、一致するという事を教えているのであって、罪から完全に解放される事は教えていません。

他にも、コロサイ1:28のパウロの言葉を「すべての人を、キリストにあって完全にするためです。」と訳す訳もあり、誤解を招く事があります。コロサイ4:12でもパウロは「彼はいつも、あなたがたが完全な人となり、また神のすべてのみこころを十分に確信して立つことができるよう、あなたがたのために祈りに励んでいます。」と祈っています。どちらの箇所でもパウロは「成熟した」とか「大人な」という意味で書いているのであって、罪のない完全さについては書いていません。

人類はアダムの罪の結果としてのろいを受けています。よってどんなに努力しようとも神に対して罪を犯してしまうのです。パウロはペテロのえこひいきの罪を責めましたし(ガラテヤ2:11-13)、パウロも自らを一番の罪人と呼んでいます(Iテモテ1:15)。ペテロも、ヤコブも、ヨハネもパウロも皆、自らが不完全である事を認めていますし、私たちも同様です。

本当の完全さは教会の携挙が起こり私たちがイエスにお会いするまで達成されません(Iテサロニケ4:17)。その時、私たちは新しい体を与えられ(ピリピ3:20-21; Iコリント15:54)、キリストの裁きを受け(IIコリント5:10)、報酬を与えられるのです(Iコリント3:9-15)。そして私たちはキリストと共に、罪のない、完全さを持って永遠に生きるのです。



日本語のホームページに戻る



地上生涯で完全な聖化/罪のない完全さを達成する事は可能?