神はシングルマザーについてなんと言っておられますか?



 

質問: 神はシングルマザーについてなんと言っておられますか?

答え:
聖書にはシングルマザーについて直接的には書かれていませんが、神が女性、母、やもめや子供達に優しく接しておられる様が多く記録されています。このように神の優しさは母親が既婚でも、やもめでも、離婚していても変わりません。神は母親一人一人をよく知っておられ、それぞれの状況を完全に知っておられます。聖書は婚外交渉は罪であり、危険で様々なトラブルを招くと警告しています。女性が一人で子育てをする可能性もそのトラブルの一つであり、そのシングルマザーとなる結果が彼女の罪が招いた事であっても、神は哀れみを持ち、助けや慰めを備えて下さいます。さらに神はイエスキリストを通して罪の赦しと天国の平安を信じる全ての母親、子供や音信不通になってしまった父親にさえも与えて下さいます。

しかしながら、自分のせいではなくても一人で子育てをする羽目になってしまった女性がしばしばいます。悲しい事に戦争やテロリズムの溢れるこの世で女性が被害者となる事は稀ではありません。戦争に夫が行って帰ってこない事もあります。夫の死によってシングルマザーとなった女性を神は養ってくださる事は間違いありません。

神は家庭の事を気にかけておられる方ですが、家庭がどの状態かにかかわらず、人々が一人一人罪を悔い改め、ご自分の元に来ることを望んでおられます。神はご自身の事を私たちが知る事を望んでおられます。それは被造物がご自身を知る事は神に栄光と喜びをもたらすからです。私たちは人の目が気になったり教会が私たちを受け入れてくれるかどうかなど心配してしまいがちですが、神は心配しなくても良い喜びへとキリスト者を招いておられます。神はご自身がことを心配してくださるから、思い煩いをゆだねなさいと命じてくださいました(1ペテロ5:7).。神は私たちの重荷を負い、私たちの罪を赦し、その罪を忘れられ、私たちも前に進む事ができるようにと望んでおられます。神が私たちに求めておられる事は私たちがご自身を知り、ご自身を喜びとし、ご自身に信頼する事です。シングルマザーには責任感が強い人々が多く思い煩いを委ねる事が難しく感じる事があるかもしれません。そんな事を考える事すらも悪い事と思えるかもしれません。しかし神は私たちが全ての思い煩いを委ね、毎日神に注目し、私たちが神により頼む際に、物理的、また精神的な全ての必要を満たしてくださる事を信じる事を望んでおられます。

シングルマザーが全てを神に委ねる事は聖書を読み祈る事を通して実現します。「仕事と子育て、家事など全ての両立をしながら聖書を読んだり祈ったりする時間などない」と思うかもしれませんが、子供が昼寝をしていたり、友人が子供を見ていてくれる時間なら祈りを通して神に話しかけ、聖書を通して神の言葉を聞く事ができ、その時間に家を片付けることができなかったとしても、1日の残りは満たされ、力を受け、神の臨在を感じて過ごすことができるでしょう。「主は私の味方。私は恐れない。人は、私に何ができよう。」(詩篇118:6)とか、「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」 (ピリピ4:13)という聖書箇所を暗唱する事によって神の愛と守りを辛い時に思い出すことができるでしょう。

では、シングルマザーに向けて神が語っておられる事は何でしょうか?それは他のみんなにも言っておられる事と同じです。罪を悔い改め、キリストの赦しを受け入れ、祈りを通して神と交わり、聖書を通して御声を聞き、試練の時には神により頼み、神の与えてくださる永遠の命に希望を負いて歩む事です。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである」(1コリント2:9)



日本語のホームページに戻る



神はシングルマザーについてなんと言っておられますか?