私たちは毎日罪を犯すのですか?丸一日罪を犯さずに過ごすことは可能なのですか?


質問: 私たちは毎日罪を犯すのですか?丸一日罪を犯さずに過ごすことは可能なのですか?

答え:
私たちはいつでも罪を犯す能力を受け継いでいるということを思い起こさせる聖句はあります。「、、一人の人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に―それというのも全人類が罪を犯したからです。」(ローマ5:12) 「ああ、私は咎ある者として生まれ、罪ある者として母は私を身ごもりました。」(詩篇51:5)それに加えて、私たちが絶対守らないし、毎日守らないと知っている戒めがあります。例えば誰が、心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、主を毎日愛しているでしょう?. 誰もいません。なのに、それが最も大切な戒めです。(マタイ22:36-38)神を完全にいつでも愛さないことはすべてのクリスチャンの毎日の罪です。.

私たちの古い罪の性質のだまし易さ―ある意味で毎日罪を犯す可能性を警告しているのですが、―を警告する聖句もあります。「人の心は何よりも陰険でそれは治らない。誰がそれを知ることができよう。」(エレミヤ17:9) 使徒パウロでさえ、自分の罪との戦いにいら立たされています。「すなわち、私は内なる人としては、神の律法を喜んでいるのに、私のからだの中には異なった律法があって、それが私の心の律法に対して戦いをいどみ、私をからだの中にある罪の律法のとりこにしているのを見いだすのです。」(ローマ7:22-23)この罪を犯す能力に彼は絶望して叫んでいます。「私は本当にみじめな者です。誰がこの死のからだから、私を救い出してくれるのでしょう。」(ローマ724)

ソロモンは彼もすべての人も罪を犯す能力があるだけでなく、その能力をいつも使っていることをよく知っていました。神殿を神に捧げる儀式の時その祈りの中で言っています。「彼らがあなたに対して罪を犯したら、―罪を犯さない人間は一人もいないのですから―、、、」(1列王記8:46)伝道者の書でソロモンは再度言いました。「この地上には、善を行い、罪を犯さない正しい人は一人もいないから。」(伝道者の書7:20)これらの聖句は毎日の罪についてはっきり言っているわけではないのですが、一方どんな時にも罪は犯していないという高慢さを確かに警告しています。.

良いニュースは、私たちは毎日の罪と永遠に戦わなくてもいいのです。ある日、私たちは救い主とともに天国にいます。私たちがすでに罪の罰から解放されているのと同じく、その時,罪の存在と罪の力から解放されるのです。

English


日本語のホームページに戻る
私たちは毎日罪を犯すのですか?丸一日罪を犯さずに過ごすことは可能なのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける