神が赦されない罪があるのですか?



 

質問:神が赦されない罪があるのですか?

答え:
新生した神の子供にとって赦されない罪というものはありません。信者の罪は十字架で赦されているのです。キリストにある者はもう罪に定められることはないのです。(ローマ8:1)

「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によってよが救われるためです。」(ヨハネ3:17)イエスはその宣教を通してすばらしい驚くばかりの神の赦しをお与えになりました。ザアカイ(ルカ19章)、カナの罪深い女(ルカ7章)ガリラヤの中風の人(ルカ5章)―子彼らはみな主によって赦されました。彼らが何をしたかは問題ではありませんでした。神には赦すことができたのです。「まことにあなたがたに告げます。取税人や 遊女たちのほうがあなたがたより先に神の御国に入っているのです。」とイエスはユダヤ人の指導者たちに言われました。(マタイ21:31).

十字架でのイエスのことば、「完了した。」(ヨハネ19:30)は、罪の罰は完全に支払われたという意味です。”完了した”と訳されているギリシャ語では一つの単語です。tetelestai. これはすばらしい単語です。これは領収書に”支払い済み”という意味で押印されたことばです。 有罪判決を受けた犯罪人が服役期間を終えて刑務所から釈放された時、 “tetelestai”という標示が、その人の家のドアにすでに社会に対する負債が支払われたということの印として釘付けられていました。

主イエス.キリストは、私たちの罪のための犠牲、「世の罪を取り除く神の子羊」となってくださいました。(ヨハネ1:29)イエスは完全ないけにえでした。(へブル9:14)キリストを信じる者への約束は、彼らが今までに犯したすべての罪、またこれからも犯すであろう罪でさえ赦されるというものです。「御子イエスの血はすべての罪からわたしたちをきよめます。」(ヨハネ1:7)1コリント6:9にはさまざまな種類のひどい罪が並んでいます。 これらの罪は一時はコリントの信者たちの特徴でした。パウロはこのリストを用いて、この真理に導きます。「あなたがたの中のある人たちは以前はそのような者でした。しかし、主イエス.キリストの御名と私たちの 神の御霊によって、あなたがたは洗われ、聖なる者とされ、義と認められたのです。」(11節)彼らの罪はどこかへ(”東が西から遠く離れているように。”(詩篇103:12)行ってしまい、彼らから取り除かれたのです。

ここで、神の赦しの条件を理解することが大切です。私たちは主イエスを通してのみ,神の元へ行けるのです。イエスは言われました。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14:6)神の赦しはイエスを受け入れる人には誰にでもあるのです。(ヨハネ3:16;使徒伝10:43)しかしイエスを拒む人には罪の赦しはありません。(1ヨハネ5:12)神はキリストにあって、すべての罪をお赦しになります。キリストを信じない者には赦しは全くないのです。「御子に聞き従わない者はいのちを見ることがなく、神の怒りがその上に留まる。」(ヨハネ3:36)

ヨハネはこの第一の手紙を新生したクリスチャンに宛てて書きました。そしてこの約束も入れておきました。「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(1ヨハネ1:9)私たちはみな積みを犯します。(1ヨハネ1:8)しかし罪を犯すその時、神の恵みは、神の子どもたちを赦し交わりを回復させるために赦す準備ができているのです。   

1ヨハネ1:9の始めの”もし”は条件を示しています。もし私たちが”言い表わすなら”。 このことばはギリシャ語では“homologia”ホモロギア(文字通り、’同じことば’)で、”同じことばを言う”という意味です。”罪を言い表す” とは、私たちの罪について神に同意するという意味です。 神の赦しは、これからも罪を犯し続けていいと言う許可証ではありません。恵みをそんなに軽く見てはいけません。(ローマ6:1,2)それよりも、神との交わりの中を歩む新しく生まれ変わった信者は、罪に敏感で、それを即、主に告白するのです。

聖書の最もすばらしい真理のうちの一つは、神が自由自在に罪を赦してくださることです。神の恵みは無限なので、キリストにある者の罪の赦しの制限はないのです。神の恵みの届かない罪はどこにもありません。「律法が入ってきたのは、違反が増し加わるためです。しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ち溢れました。」(ローマ5:20)使徒パウロは救われる以前は、「神を汚す者、迫害する者、暴力をふるう者でした。」(1テモテ1:13)パウロは自分を罪人のかしらと呼びました。しかし、神の恵みに出会った後、「キリスト.イエスは、罪人を救うためにこの世に来られたということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値する者です。わたしはその罪人のかしらです。」と言いました。(1テモテ1:15)もし神がパウロを救うことができるなら、神は誰でも救うことができます。



日本語のホームページに戻る



神が赦されない罪があるのですか?