なぜ神に仕えたいと思うべきなのですか?


質問: なぜ神に仕えたいと思うべきなのですか?

答え:
私たちは神に仕えるべきだという事実は聖書から明らかです。(ルカ4:8を見る) なぜ神に仕えたいと思うべきかということはもっと難しい質問です。各々のクリスチャンに聞くと神に仕える違った理由がかえって来るかもしれません。それぞれ違った人々はは違った動機で神に仕えています。 しかしながら、聖書は、神と本当の関係にある人は神に仕えると明らかに言っています。私たちは神を知っているので、神に仕えたいと思うべきなのです。本来神を知っているということの一部には神に仕えたいという願望です。

いつも神の意図は私たちを御子イエスに似た者のようにすることでした。(ローマ8:29)イエスの人生を見る時、イエスがしもべであったことを否定できません。イエスの生涯は神に仕えることが中心でした。―教えたり、いやしたり、神の御国を宣言したりして神に仕えられました。(マタイ4:23) イエスは「仕えられるためではなく、かえって仕えるため」に来られました。(マタイ20:28) それから逮捕される前夜、イエスは弟子たちの足を洗われました。互いに仕え合うようにという最後の教えの見本として。「わたしがあなた方にした通りに、あなた方もするように、わたしはあなたがたに模範を示したのです。」「ヨハネ13:12-17を見る」それで、もしイエスの教えがすべて仕えることなら、神は私たちをイエスのようにしたいと思っておられます。それで、私たちも同じように仕えるべきだということはかなり明白です。

真に奉仕は愛と切り離すことはできません。奉仕を形だけですることもできますが、私たちの心が入っていなければ要点が外れたことになります。第1コリント13章は、私他h氏の奉仕が愛に根ざしていなければ、無意味だということを明らかにしています。神への愛なしに、 義理や義務感で神に仕えることを神は望んでおられないのです。 それよりも、神に仕えることは、私たちをまず最初に愛してくださった神に対する自然の愛にあふれた反応であるべきなのです。 (第1ヨハネ4:9-11)

使徒パウロは、キリストを通しの神と関係を持つことは奉仕の人生という結果になることの偉大な模範を示しています。改心する前、パウロは、神に仕えていると思って、信者を迫害し殺していました。しかし ダマスコへの途上で、イエスに出会ってからは彼はすぐにイエス.キリストの福音を宣べ伝えて神に奉仕するために人生を捧げました。 (使徒伝9:20を見る)パウロはこの変化を1テモテ1:12-14で述べています。「私は私を強くして下さる私たちの主キリスト.イエスに感謝をささげています。なぜなら、キリストは私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです。私は以前は、神を汚す者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていない時に知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。私たちの主の、この恵みは 、キリスト.イエスにある信仰と愛とともに、ますます道あふれるようになりました。」パウロは神が彼に下さった愛と恵みに一旦気が付いたら、彼の反応は神に仕えることでした。

聖書は、神への奉仕のいくつかの動機を提示しています。「私たちは揺り動かされない御国を受けているので」(へブル書12:28)、奉仕のわざは、「 聖徒たちの必要を十分に満たす」(2コリント9:12)ので、私たちの奉仕のわざは私たちの信仰の証拠となり、他の人々が「神をあがめるようになる」から、(2コリント9:13)神が奉仕を見て、私たちの愛の働きに対して褒美を下さるから、(へブル書6:10)私たちは神に奉仕したいのです。

私たちはまず最初に受けたものだけを、与えることができます。私たちが神を愛して仕えることができる理由は、イエス.キリストを通して、神がまず私たちを愛して私たちに仕えてくださったからです。 自分の人生で、より神の愛を知り、神の愛を体験すればするほど、私たちは神に対して愛と奉仕で反応しやすくなるのです。もし神に仕えたいと思うなら、そのカギは神をもっと知るようになることです。聖霊にもっと神を現わしてくださいをお願いしてください。(ヨハネ16:13)愛なる神を本当に知ると(1ヨハネ4:8)自然の反応は神を愛し、神に仕えたいという願望です。

English


日本語のホームページに戻る
なぜ神に仕えたいと思うべきなのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける