非宗教的ヒューマニズムとは何?



 

質問: 非宗教的ヒューマニズムとは何?

答え:
非宗教的ヒューマニズムと言う考えは、人類が被造物の一部ではなく、永遠の性質を持っている者と認識します。そのゴールは、人間が神に関係なく、また神からの助けもなしに、自己改善することです。非宗教的ヒューマニズムは18世紀の啓蒙思潮と19世紀の自由思考から出てきました。クリスチャンの中には、実は非宗教的ヒューマニストといくつか同じコミットメントがあることに気付いて驚く人がいるかもしれません。 多くのクリスチャンと非宗教的ヒューマニストは、同じように、理性、自由な探求、政教分離、自由の理想、道徳教育などにコミットしていますが、多くの領域において異なります。非宗教的ヒューマニストはその道徳の基礎を彼らの道徳観と聖書の助けなしの批判的知性による正義に関する考えに置いています。クリスチャンは、何が正しいか間違いか、また善悪に関する知識を聖書に頼っています。非宗教的ヒューマニストもクリスチャンも科学や技術を開発して用いるのですが、クリスチャンにとっては、それらの道具は神の栄光のために人間への奉仕として使われるべきなのです。ところが非宗教的ヒューマニストは、これらの物を神とは関係なしに、人間に奉仕するための道具としてしか見ていません。彼らのいのちの源泉の探求では、神が、まず最初に地とそれに住むすべての生き物を無から造り、人間を土から創造されたことを認めません。非宗教的ヒューマニストにとって自然は永遠で、自己永続する力なのです。

非宗教的ヒューマニストは、多くのクリスチャンが彼らと同じく宗教的懐疑の態度を持ち、教育に関して批判的理性を用いることに熱心なことを知って驚くかもしれません。立派なベレヤの人たちの型にならって、クリスチャンヒューマニストは 訓戒を読んで聞きますが、すべてを聖書に照らし合わせて調べます。(使徒伝17:11)私たちは、単純に、すべての宣言、又は私たちの頭に入って来る精神的理解を受け入れません。しかし、すべて の考えと”知識”を、主イエスに従うために絶対的水準である神のことばに照らして、試すのです。(2コリント10:5;1テモテ6:20を見る」クリスチャンヒューマニストは、すべての知恵と知識の宝物はキリストにあって隠されていると理解しています。(コロサイ2:3)それで、キリストへの奉仕のためにすべての良いものを完全に知るように成長しようと努めるのです。(ピリピ1:9;4:6;コロサイ1:9を参考) 啓示された真理と言う考えを否定する非宗教的ヒューマニストと違って、私たちはみことばを信奉するのです。みことばは、私たちがすべてのものの質を図り、又は試す水準なのです。 これらの短いコメントでは、クリスチャンヒューマニズムを完全に説明できませんが、辞書にある客観的な定義、「クリスチャンの原則の仕組み内で、自己達成 をすることを主張する思想」に、いのちと適切さを付け加えると思います。

非宗教的ヒューマニズムに対するクリスチャンの応答を考える前に、まず、ヒューマニズムと言うことばそのものを考えなければなりません。ヒューマニズムとは一般的に、ルネッサンスの時代に起こった古代の学問と文化を再生、又は復興を思わせます。 この期間に”ヒューマニスト”はギリシャとローマの模範を基礎にした厳格な学問様式を発達させ、新しいラテン様式(文学と形成力ある芸術において)とギリシャとローマを基礎にした政治的施設を造ろうとしました。しかしながら、復興(ルネサンス)のずっと前から、”クリスチャンヒューマニズム”はアウグスチヌ、アクイナス、エラスムス、その他の書や思想において盛んになっていました。 異教の哲学者プラトンにもある、キリスト教の教えと矛盾しない考え方を見る人もいます。. プラトンが有益なものを多く提供する一方、彼の推論や結論は確かに聖書的ではありません。 プラトンはニーチェのように、”永遠の循環”(輪廻転生)を信じました。彼は(一般的にギリシャ人は)彼らの神々に軽率な尊敬を示しただけでしたが、彼らにとっては人間がすべての測りでした。現代の非宗教的ヒューマニズムの表現は、その前の名ばかりのキリスト教的要素と基本的な聖書の真理―人間が創造主の姿に似せて造られた言う事実や聖書に示された神 、地上での主イエスの人生とミニストリーなどーを否定します。

科学革命の時、広く訓練を受けた科学者たちで、ヒューマニストと思われてもいい人たち(コペルニカス、ガリレオなど)がした調査や発見はローマカトリック教会の教理に挑戦しました。ローマは新しい実験科学の発見を拒否し、反対に、信仰の領域 以外にある判決を下して発表しました。 ヴァチカンは、神が天体を造られたので、天体はその創造主の”完璧さ”を反映しなければならない;それで、惑星の軌道は楕円形、―それまでに信じられていた球形ではなく、―であり、太陽には”斑点”、又は冷たい暗い部分があると言う天文学者の発見を否定しました。これらの実験的に変化があると言う事実 やこれらを発見した人たちは、聖書の教えに矛盾していませんでした。本当に、聖書で啓示された真理を捨てて、自然的ヒューマニズムに変わったのは―聖書の権威と真理を否定して、公然と非宗教的な形のヒューマニズム―18~19世紀に渡ってヨーロッパ全体に根付いて、特にドイツで花を咲かせたルネサンスの時、起こったのです。

多くの汎神論者、無神論者、不可知論者、合理主義者、懐疑論者たちが、啓示された真理の恩義を受けずに、様々な知的な企画を探求しました。彼らの別々の独特な方法で、ルソーやホッブズなどの人が人間のジレンマの無道徳的、理性的解決を見つけようとしました。さらに、 ヘーゲルの”霊の現象学”、カントの”純粋な理性の批評”、フィヒテの”知識の科学”などの本が、後の非宗教的ヒューマニストのための土台を敷きました。 意識的にか、無意識にか、現代の学者や非宗教的ヒューマニストは、



日本語のホームページに戻る



非宗教的ヒューマニズムとは何?