自らの命を守るために隠れてキリスト者となることは間違っている?



 

質問: 自らの命を守るために隠れてキリスト者となることは間違っている?

答え:
迫害や死を恐れて隠れてクリスチャンでいる事ははたして間違っているでしょうか?キリスト者は皆イエスの御名を告白するために死ぬ覚悟が必要でしょうか?私たちが自分の身を守るためにイエスへの信仰を隠しておく事はまちがっているでしょうか?世界中でこれらの質問が「たとえば」の話である事はしばしばであり、私たちがキリスト者として直面する苦しみは馬鹿にされるくらいです。しかしながら、世界にはキリストに対する信仰のゆえに命の危険に晒されているキリスト者が多くいます。自分と自分の家族の安全を考えて、そこまで大胆にキリストのために生きる事ができない場合もあるのです。 これは、自分の命をキリストに仕え、従い、キリストを敬い、礼拝する事よりも重要視する事とは少しちがいます。それでは自らのキリストに対する信仰を隠しておく事は間違っているでしょうか?

イエスご自身が上の質問に対し、こう答えておられます。「ですから、わたしを人の前で認める者はみな、わたしも、天におられるわたしの父の前でその人を認めます。しかし、人の前でわたしを知らないと言うような者なら、わたしも天におられるわたしの父の前で、そんな者は知らないと言います。わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたしは、平和をもたらすために来たのではなく、剣をもたらすために来たのです。」(マタイ10:32-34)キリストははっきりと「もし世があなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたしを先に憎んだことを知っておきなさい。もしあなたがたがこの世のものであったなら、世は自分のものを愛したでしょう。しかし、あなたがたは世のものではなく、かえってわたしが世からあなたがたを選び出したのです。それで世はあなたがたを憎むのです。」(ヨハネ15:18-19)とも言っておられます。つまり、身の安全のために信仰を隠しておく事は理解できますが、信仰を隠しておくという選択肢はないのです。

上の箇所で世界と訳されているギリシャ語の単語は、堕落した、神を恐れない、サタンに心を支配されている人々で溢れた世の中を指しています(ヨハネ14:30; Iヨハネ5:19; エペソ2:1-3 参照)。サタンは神をを憎み、キリストに従って生きる人々をも憎んでいるのです。サタンは、その怒りの矛先をキリスト者に向け、彼らを「」(Iペテロ5:8;エペソ6:11)のです。この世の支配者達が、「この世のものではない」キリスト者達を嫌う事に驚いてはなりません。その信仰告白の為にキリスト者達が日々迫害され、処刑さてているのは、キリスト者の義しい歩みがこの世の悪事を晒すからです(箴言29:27)。これは歴史の初めから、カインがアベルを殺害した時からずっと同じです(創世記1-8)。なぜカインはアベルを殺害したのでしょう?それは自らの行いが間違っていて、弟の行いが正しかったからです。(Iヨハネ3:12)。同じように、今日、この世は悪を行う者を賛美し(ロ-マ1:32)、義しい歩みをする人々を嫌うのです。

イエスはこの世について次のようにも言っています。「そのとき、人々は、あなたがたを苦しいめに会わせ、殺します。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての国の人々に憎まれます。」(マタイ24:9)イエスは、終末には神を恐れないこの世によって激しい迫害を受ける事を説明されました。私たちは罵声を浴びせられ、虐待され、のろわれます。引き渡すと訳されている単語は警察や軍隊によって捕らえられるというニュアンスがあります(マタイ4:12)。多くが殺害され、キリスト者の御名のために、国々から憎まれるのです。マルコの福音書ではイエスは「だが、あなたがたは、気をつけていなさい。人々は、あなたがたを議会に引き渡し、また、あなたがたは会堂でむち打たれ、また、わたしのゆえに、総督や王たちの前に立たされます。それは彼らに対してあかしをするためです。」(マルコ13:9)といっています。イエスの証人である私たちは自由、権利、尊厳や命を失う事があるのです。

キリストは私たちキリスト者に「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。」(マタイ28:19-20a)と命じられました。パウロもこのイエスの命令に従いこう書いています。「しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。」(ローマ10:14-15)。福音が、世界中に余すところなく宣べ伝えられるためには誰かが語る必要があります。私たちのこの世での役目は世の光、地の塩となる事であり、イエスキリストにある命の知らせを語る事なのです。この役目を果たすために迫害を受ける危険はもちろんありますが、私たちは神の真実を人々に伝える事が神をの御心であり、神は私たちが地上での役目を全うするまで私たちを守る力を持っておられる事を知っているのです。

この世でキリストのために生きる事は容易ではなく、危険も伴います。この世は私たちの祖国ではなく、戦場だからです。この世での患難は神が私たちをさらにイエスに似た者に変えるために用いる手段なのです。苦しみの中に私たちはキリストに依り頼む事を覚えるのです。イエスに 天に帰って行かれる直前に全世界に福音を伝える事を命じられ、それと同時にこう約束されました。「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイ28:20)この約束こそが一番大切なのです。



日本語のホームページに戻る



自らの命を守るために隠れてキリスト者となることは間違っている?