死後、もう一度救われるチャンスがあるのでしょうか?



 

質問:死後、もう一度救われるチャンスがあるのでしょうか?

答え:
救いにセカンドチャンスがあるという考えは心に興味深い一方、聖書は死がすべてのチャンスの終わりだとはっきりしています。へブル9:27は、私たちは死後、裁きに会うといってます。だから、生きている限り、二度、三度、四度、五度と何度でもキリストを受け入れて救われるチャンスはいくらでもあります。(ヨハネ3:16;ローマ10:9-10;使徒伝16:31)しかし一度死んでしまうともうチャンスはありません。死後,罪を償うために行く場所だという煉獄のような考えには聖書的根拠はありません。それはローマ.カトリックの伝統です。

未信者に死後何が起こるかを理解するためには、黙示録20:11-15に行きます。そこには白い御座の前の裁きが書いてあります。そこでは数々の書物が開かれて、「死んだ人々はこれらの書物に書き記されているところに従って、自分の行いに応じて裁かれた。」これらの書物には裁かれる人のすべての思いや行いが記されています。ローマ3:20から、私達は「律法を行うことによっては、だれひとり神の前に義と認められない」ことを知っています。だから,その行いや思いによって裁かれる人はすべて地獄に行くことになります。反対に、キリストにある信者は、行いの書物によっては裁かれず、もう一つの書―”子羊のいのちの書”にその名が記されてあるのです。(黙示録21:17)この人たちは主イエスを信じた者で、彼らだけが天国に入ることを許されます。

誰でもその名が子羊の命の書に記されている人は「世界の基が築かれる前から救われている」のです。(エペソ1:4)御子の花嫁、イエス.キリストの教会の一員となるようにと神の恵みによって選ばれているのです。この人たちには救いのセカンドチャンスは必要ありません。なぜなら、彼らの救いはキリストによって確保されたからです。キリストは彼らを選び、彼らを救われました。そして彼らの救いを保っておられます。キリストから引き離すものは何もありません。(ローマ8:39)キリストが彼らのために死なれたので、キリストが必ず救ってくださるのです。だから、彼らは救われます。 キリストは宣言されました。「父がわたしにお与えになる者はみな、わたしのところに来ます。」(ヨハネ6:37)「そしてわたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。」「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、誰もわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。」(ヨハネ10:28)信者にとって、セカンドチャンスの必要はありません。彼らには最初のチャンスで 十分なのですから。

では、信じない人はどうなのでしょう?もしセカンドチャンスが与えられたら、悔い改めて信じないでしょうか?その答えはノーです。彼らの心は死んだからというだけで変わらないからです。彼らの心や頭の中には、神に対して”悪意“があるので、神と顔を合わせてさえも受け入れないでしょう。ルカ16:19-31の金持ちとラザロの話の中にこのことが証明されています。真理を明確に見るセカンドチャンスを与えられた時、悔い改めていたはずだという人がいたとしたら、この金持ちです。しかし、彼は地獄で苦しんでいるのに、彼はただアブラハムにラザロを地上に送り返して自分の兄弟たちに同じ苦しい運命に会わないようにと警告してくれと頼みました。 彼の心には何の悔い改めもありません。ただ、自分のいる場所に対する後悔だけです。 アブラハムの答えがすべてを言っています。「もし、モーセと預言者の教えに耳を傾けないのなら、たとい誰かが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。」( ルカ16:31)ここに、救われるために、信じる者にとっては聖書の証しで充分であり、他のどのような啓示も信じない者には救いをもたらすことはないとわかります。二度、三度、または四度のチャンスでも、石の心を肉の心に変えるには充分ではないのです。

ピリピ2:10-11は言っています。「イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、すべての口が、『イエス.キリストは主である。』と告白して、父なる神がほめたたえられる」ある日、すべてのものがイエスの御前にひざまずいてイエスが主であり救い主であることを認めるときが来ます。しかしながら、その時点では救いにはすでに遅すぎるのです。死後、未信者に残されているのは裁きだけです。(黙示録20:14-15)だからこそ、私達は今この世で、信じなければならないのです。



日本語のホームページに戻る



死後、もう一度救われるチャンスがあるのでしょうか?