良心が麻痺するとはどうゆう事?



 

質問: 良心が麻痺するとはどうゆう事?

答え:
聖書で良心の麻痺について書いてある箇所はIテモテ4:2です。良心は神が私たち一人一人にくださった道徳を知る心です(ローマ2:15)。この良心が麻痺すると、何も感じなくなってしまい、正常に機能せず、霊的な傷跡が善と悪の見分け方を鈍らせるのです。焼ごて焼ごてを受けた家畜がそれ以上の痛みを感じなくなるように、良心が麻痺している人物は道徳的心を失ってしまうのです。

パウロは良心が麻痺した人についてIテモテ4:1-2で「しかし、御霊が明らかに言われるように、後の時代になると、ある人たちは惑わす霊と悪霊の教えとに心を奪われ、信仰から離れるようになります。それは、うそつきどもの偽善によるものです。彼らは良心が麻痺しており…」と書いています。この箇所には、偽教師についての三つの特徴が書いてあります。1) 彼らは悪霊の言葉を取り継ぐ者たちである;2) 彼らは、偽りに満ちた、聖者の仮面をかぶっている嘘つきで偽善者である。3) 彼らは良心の麻痺した無節操な人々である。この箇所から、偽教師たちが恥じる事なく嘘をつけるのは良心が麻痺しているからであるとわかります。彼らには嘘が間違っていると感じる事すらできないのです。

パウロは同じ手紙で正しい良心について書いています。これは「信仰による神の救いのご計画の実現をもたらす」のは「きよい心と正しい良心と偽りのない信仰とから出て来る愛」であると書いています(Iテモテ1:4-5)。正しい良心は何が正しく、何が間違っているのかを示し、罪悪感に満たされていません。正しい良心を持っている人物は誠実さを保ち、光の中を歩む(Iヨハネ1:7)人々との交わりを喜びます。正しい良心の持ち主の目にはサタンの嘘は呪われたものと映ります。彼は背教者達の嘘を受け入れる代わりに「信仰と正しい良心を保ち、勇敢に戦い」ます。(Iテモテ1:18-19)。

箴言6:27は「人は火をふところにかき込んで、その着物が焼けないだろうか。」と姦淫の罪の招く結果について書いています。この質問をこの記事の内容に合わせると、「背教者はサタンの嘘をついて、その良心が麻痺しないだろうか。」となるでしょう。



日本語のホームページに戻る



良心が麻痺するとはどうゆう事?