「聖霊の証印とは何?



 

質問: 「聖霊の証印とは何?

答え:
聖霊はキリスト者の心の中に住まわれる「証印」、「確認の印」、「保証」等と呼ばれています(IIコリント 1:22; 5:5; エペソ1:13-14; 4:30)。聖霊は神が私たちが神に属する事を証明するために与えられました。上の箇所で証印などと訳されているギリシャ語の単語は、物を買う際に料金の一部を払い、その品物を取っておいてまらうための前払金となる支払いを指しています。聖霊はキリストが約束してくださり、十字架を通して確かな物にして下さった私たちの天国での相続を保証してくださるのです。聖霊が証印を押して下さったからこそ、私たちの救いは確かな物であり、誰も神の御手から私たちを引き離す事はできないのです。

聖霊はキリスト者達に神の子供としての相続が与えられる事を確かに示すために与えられました。聖霊は私たちに恵みや信仰と同様に聖霊を与えてくださる神に属している事を確かにしてくださるのです(エペソ2:8-9)。聖霊を通して神は私たちを新しくし、聖なる者へと変えてくださいます。聖霊は私たちが神に属し、神の子供とされ、私たちの希望が本物であり、私たちの贖いと救いが確かである事を確立する希望や願望を与えて下さいます。神は私たちが永遠に神に属していて終末の時に確かに救われる事の保証として聖霊を与えて下さいました。聖霊が確かに心に住んでおられる事は悔い改めや御霊の実(ガラテヤ5:22-23)、神の御心に対する従順、祈りと礼拝への情熱や神の民に対する愛に見てとれます。これらの事を通して、その人が確かに聖霊によって変えられ、最後の日に救われる保証の印が押されている事がわかるのです。

聖霊の教えと力によって私たちは終末の日まで証印を押されていますから、罪の支配や死の支配から解放されているのです。心に聖霊の証印を受けた私たちは来たるべき栄光の住処を期待しつつ、大胆に、喜びにあふれて生きる事ができるのです。



日本語のホームページに戻る



「聖霊の証印とは何?