もし救いを疑うなら、本当に救われてないことになるのですか?



 

質問:もし救いを疑うなら、本当に救われてないことになるのですか?

答え:
誰でも、時には救いを疑うことがあります。救いを疑うか疑わないかでクリスチャンであるかどうかが決まるわけではありません。信者が不真実な時でさえ、神は真実です。(第2テモテ2:13)神は私たちに救いを確信し、救いに自信を持って欲しいと願っておられます。 (ローマ8:38-39;1ヨハネ5:13)神はイエス.キリストを信じる者は皆救われると約束されています。(ヨハネ3:16;ローマ10:9-10)私たちはみな罪を犯し、神の栄光に達することができません。(ローマ3:23)その結果、私たちは死と永遠に神から離されるべきなのです。(ローマ6:23)しかし、神は私たちを愛し、私たちが当然受けるべき罰を代わりに受けて死んでくださいました。(ローマ5:8)その結果、信じる者は皆救われて永遠に安全なのです。

時には疑うことはいいことです。パウロは、第2コリント13:5で「あなたがたは信仰に立っているかどうか、自分自身を試し、また吟味しなさい。」と言っています。私たちは自分を試して、イエスが本当に自分の救い主であるかどうか、聖霊が本当に自分の内に住んでおられるかどうか確かめなければならないのです。もし聖霊が内住しておられるなら、キリストが私たちのために獲得してくださった救い(ローマ8:38-30)を失うなどということはまったくないのです。 もしそうでないなら、もしかしたら、聖霊が私たちの罪を認めさせ、悔い改めてキリストを通して神と和解するように と促しておられるのかもしれません。私たちの救いの確信は、一度キリストの内にあるなら 、永遠に安全だという知識から来ます。しかし本当に救われた信仰は行いで明瞭になります。(ヤコブ2:14-26)それから御霊の実によって(ガラテヤ5:22)証明されます。この証拠がないことが時には救いの疑いの原因になります。

あなたはキリストに信仰をおきましたか?もし、「はい」と答えるなら、あなたの疑いを投げ捨てて神を信頼しなさい。もしあなたがイエスをあなたの救い主と知っているなら、疑いなく救われています。もし「いいえ」と答えるなら、それなら、主イエスキリストを信じてください。そうすればあなたは救われます。救いについて質問があれば、気軽に質問してください。または、このサイトの「永遠のいのちがある」のページを参考にしてください。



日本語のホームページに戻る



もし救いを疑うなら、本当に救われてないことになるのですか?