自分の怒りが義憤だと確かめるにはどうしたらいいのですか?


質問: 自分の怒りが義憤だと確かめるにはどうしたらいいのですか?

答え:
私たちの怒りが神の怒られることに向けられる時、私たちの怒りは確かに義憤だとわかります。正しい怒りと憤りは私たちが罪に直面するとき正しく表現されます。.その良い例は子供の虐待、ポルノ、人種差別、同性愛行為、堕胎などに対する怒りです。

使徒パウロは神を怒らせる人たちに対する明白な警告をしています。「肉のおk内は明白で会って、次のようなものです。不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、そういった類のものです。前にもあらかじめ言ったように、私は今もあなた方にあらかじめ言っておきます。こんなことをしている者たちが神の国を相続することはありません。」(ガラテヤ5:19-21)イエスは人々の罪に対して義憤を示されました。(マルコ3:1-5;マタイ21:12-13;ルカ19:41-44) しかし、イエスの怒りは、罪深い行為と明白な不正に対して向けられました。

しかしながら、私たちの怒ることで罪を犯さないようにとも教えられています。「怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないようにしなさい。」(エペソ4:26-27) 他の人に対して起こる前に自分の態度と動機も同じように考慮すべきです。 パウロは適切な対応について、いくつか健全な忠告をしています。「愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それはこう書いてあるからです。『復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。』もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭の上に燃える炭火を積むことになるのです。悪に負けてはいけません。かえって、善を持って悪に打ち勝ちなさい。」(ローマ12:19-21)

義憤についてヤコブも良い訓戒をしています。「愛する兄弟たち。あなた方はそのことを知っているのです。しかし、誰でも、聞くには早く、語るには遅く、怒るに歯遅いようにしなさい。人の怒りは、神の義を実現するものではありません。」(ヤコブ1:19-20)使徒ペテロはは同じ忠告を繰り返しています。特に神と神のことに敵対する者 に直面するときに。「いやたとい義のために苦しむことがあるにしても、それは幸いなことです。彼らの脅かしを恐れたり、それによって心を動揺させたりしてはいけません。むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがのうちにある希望について説明を求める人には、誰にでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。ただし、優しく、慎み恐れて、また正しい良心を持って弁明しなさい。そうすれば、キリストにあるあなた方の正しい生き方をののしる人たちが、あなた方をそしったことで恥じ入ることでしょう。もし、神のみこころなら、善を行って苦しみを受けるのが、悪を行って苦しみを受けるよりよいのです。」(1ペテロ3:14-17)

信者は、怒りを方向転換して、社会の悪の影響と戦うクリスチャンの組織に参加するなどの建設的な行動に変えることもできます。そのカギは、もし私たちの憤慨が他の人を神との愛のある回復的な関係に導くなら、それこそ義憤だということなのです。

English


日本語のホームページに戻る
自分の怒りが義憤だと確かめるにはどうしたらいいのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける