黙示録12章の意味は何?



 

質問: 黙示録12章の意味は何?

答え:
黙示録12章でヨハネは、ひとりの女が「太陽を着て,月を足のしたに踏み、頭には十二の星の冠を被っていた。」(黙示録12:1)幻を見ます。この叙述とヨセフが父ヤコブ(イスラエル)と母と兄たちとその子供たちについて述べていること(創世記37:9-11)とを比べてその類似点に注目してください。十二の星はイスラエルの十二部族のことです。それで、黙示録12章の女はイスラエルのことです。

この解釈の証拠は、黙示録12:2-5でこの女が身ごもっていて、子を産むことが書いてあります。マリやがイエスを産んだことは本当ですが、イエス、ユダ族のダビデの子がイスラエルから出たことも本当です。 ある意味でイスラエルがキリスト.イエスを産んだーイスラエルから来た―ことになります。5節は女の子供は男の子で「鉄の杖をもって、すべての国々の民を牧すはずであるが、神のみもと、その御座に引き上げられた。」と言っています。明らかに、これはイエスのことを述べています。イエスは天に昇って行かれました。(使徒伝1:9-10)そしていつの日か地上で御国を築かれます。(黙示録20:4-6)その時キリストは完全な裁き(”鉄の杖” 詩篇2:7-9をご覧下さい。)でもって支配されます。.

女が荒野に逃げて1260日間、、というのは、大艱難時代と呼ばれる未来の時のことです。1260日は42ヶ月(一月が30日)で、3年半と同じです。艱難時代の半ば、獣(反キリスト)が自分の像をエルサレムにその頃建てられている神殿に置きます。これが、マタイ24:15とマルコ13:14でイエスが言われた「荒らす憎むべき者が聖なる所に立つ」ことなのです。獣がこれをするとき、イスラエルと結んだ平和協約を破ります。イスラエルは安全のために逃げなければなりません。多分ぺトラへ。(マタイ24 ;ダニエル9:27もご覧下さい。)ユダヤ人のこの逃亡が女が荒野へ逃げることで描写されているのです。

黙示録12:12-17では、悪魔がイスラエルと戦って彼女を滅ぼそうとします。(サタンは自分の時間が短い―比較的短い―のを知っています。黙示録20:1-3、10を参考)神が荒野でイスラエルを保護してくださることも明らかです。黙示録12:14では、神がイスラエルを”ひと時とふた時と半時の間”悪魔から守られるとあります。(ひと時=1年;ふた時=2年;半時=半年;つまり3年半)



日本語のホームページに戻る



黙示録12章の意味は何?