キリストの再臨は本当にいつでも起こると言えるのですか?


質問: キリストの再臨は本当にいつでも起こると言えるのですか?

答え:
"差し迫った″と意味は言う意味は、"いつでも起こること、切迫した"です。キリストの再臨が差し迫っているという時、キリストはいつ何時でも戻って来られるという意味です。 イエスが教会を携挙するために戻って来られる前に成就しなければならないという聖書の預言はもう何もないのです。キリストの再臨の切迫は一般的に福音主義者の間で教えています。デイスペンセーション主義の見解によって、携挙が艱難時代の前か、中間か、後かによるいくらかの異なる意見はありますが。

イエスは地上での奉仕の間に自分がまた戻ることについて何度も話されました。それで自然と弟子たちの質問を促しました。彼らの質問の一つは、「いつ、そういうことが起きるのでしょう?」(マルコ13:4)でした。 イエスは答えて、言われました。「その日、そのときがいつであるかは、誰も知りません。天のみ使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられるのです。気をつけなさい。目を覚まし、注意していなさい。その定めの時がいつだか 、あなた方は知らないからです。」(マルコ13:32-33節)いつでも終末論を議論するとき、覚えておくべき重要なことは、神は私たちが、神の計画の時間を完全に理解するようには意図されていないということです。

しかしながら、聖書は、イエスの再臨は近い、私たちはそれを切実な思いで待ちのぞまなければならないと言っています。。(ローマ書8:19-25;1コリント1:7;ピリピ3:20;ユダ21節)ヤコブは、「あなた方も耐え忍びなさい。心を強くしなさい。主の来られるのが近いからです。」(ヤコブ5:8)と励ましています。黙示録1:3;22:10も"時が近づいている″と言っています。

イエスは弟子たちに自分が戻ってくるのを見張っていなさいと教えられました。「あなた方も用心していなさい。人の子は思いがけない時に来るのですから。」(ルカ12:40)"用心していなさい″という命令は、差し迫ったことを暗示しています。 新約聖書を通して、教会は用心して目を覚ましているようにと教えられてきました。(マタイ24:42、44;1テサロニケ5:6)もし弟子たちや初代教会が、イエスの来臨をいつでもあるように期待して待たなければならなかったのなら、私たちはどれほどより熱心に期待して待つべきでしょう?

私たちの救いは、「終わりの時に現わされるように用意されている」のです。(1ペテロ1:5)イエスはご自分に属する者のために、いつ、何どきでも戻って来られます。そして、その出来事は、黙示録6-18章に詳細に書かれている様々な事柄を実現させることになります。イエスのたとえ話の賢い5人の娘たちのように(マタイ25:1-13)私たちも準備していなければなりません。「だから目を覚ましていなさい。あなた方はその日、そのときを知らないからです。」(マタイ25:13)

English


日本語のホームページに戻る
キリストの再臨は本当にいつでも起こると言えるのですか?