第一の復活とはなんですか?第二の復活とはなんですか?



 

質問: 第一の復活とはなんですか?第二の復活とはなんですか?

答え:
ダニエル12:2には人類がたどる二つの異なる定め二ついて書かれています。「地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者が目をさます。ある者は永遠のいのちに、ある者はそしりと永遠の忌みに。」全ての人類は死から復活しますが、皆が同じ道をたどるわけではありません。新約聖書には聖徒と不信者の別々の復活について書いてあります。

黙示録20:4-6 には「第一の復活」について書いてあり、その復活を受ける者たちが「幸いな者、聖なる者」とされています。第二の死(火の池、黙示録20:14参照)はこの人々に影響を及ぼしません。第一の復活は全ての聖徒達の復活を指していて、イエスの「義人の復活」(ルカ14:14)と「 善を行った者は、よみがえっていのちを受ける」 (ヨハネ5:29)という教えと一貫しています。

第一の復活には幾つかの段階があります。イエスキリストご自身(初穂-1コリント15:20参照)がキリスト者皆の復活の道を切り開きました。またエルサレムの聖徒達の復活(マタイ27:52-53)も第一の復活の一部と言えるでしょう。キリストが再び来られる際に起こる「キリストにある死者」の復活(1テサロニケ4:16)と患難の時代の最後の殉教者たちの復活(黙示録20:4)はまだ起こっていません。

黙示録20:12-13には悪者が「大きな白い御座」での裁きを神から受け、火の池に投げ込まれる前に第二の復活を受ける様子が書かれています。ですから、第二の復活とは全ての不信者の復活を指していて、第二の死と深い関係があります。これもイエスの「悪を行った者は、よみがえってさばきを受ける」という教え(ヨハネ5:29)と一貫しています。

第一と第二の復活は千年王国の時代を挟んで起こります。義人は復活して「キリストとともに、千年の間王」として統治します(黙示録20:4)が、そのほかの死者(不信者)は、千年の終わるまでは、生き返らなかった (黙示録20:5)。と書いてあります。

第一の復活には大きな喜びが、第二の復活には大きな苦しみが伴うでしょう。私たちの福音を語るという責任は大きな者です。「火の中からつかみ出して救いまたある人々を、恐れを感じながらあわれみ、肉によって汚されたその下着さえも忌みきらいなさい」 (ユダ23)。



日本語のホームページに戻る



第一の復活とはなんですか?第二の復活とはなんですか?