ほとんどの戦争の原因は宗教なのでしょうか?



 

質問: ほとんどの戦争の原因は宗教なのでしょうか?

答え:
確かに、歴史を通じて、多くの紛争が宗教的な理由を名目にして、様々な宗教を交えて起こされてきました。キリスト教においては、二、三例を挙げるだけでも次のものがあります。

• 十字軍の遠征‐イスラム教侵略者たちから聖地を奪還し、ビザンチン帝国に援助の手を差し伸べることを公の目的として11世紀から13世紀にかけてなされた一連の軍事行動

• ユグノー戦争‐16世紀のフランスにおいてカトリック教徒とユグノーと呼ばれたプロテスタント教徒との間にあった一連の戦い

• 三十年戦争‐現在のドイツに当たる国で17世紀に起こったカトリックとプロテスタント間の戦争

上記リストは決して包括的なものではありません。これらの他にも、太平天国の乱や北アイルランド紛争を挙げることもできるでしょう。キリスト教は、確かに、その二千年の歴史を通じて多くの紛争における一要因となってきました。

イスラム教においては、ジハード、つまり「聖戦」という概念が見られます。ジハードという言葉は本来は「努力・苦闘」を意味するものですが、その概念はイスラム教領土の拡大と防衛のための戦いを描写するために用いられてきました。過去半世紀に及ぶ中東でのほぼ継続的な武力衝突は、宗教が多くの戦争の原因であるという考えに確実に貢献してきました。アメリカで起こった9・11同時多発テロは、「大魔王」アメリカに対する聖戦として見られてきました。アメリカはイスラム教徒によってキリスト教とほぼ同義と見なされています。ユダヤ教においては、旧約聖書(特にヨシュア記)に記録されている、神の命令によって行われた侵略戦争が約束の地を征服しました。

人類の歴史における戦争の大半において、宗教が確かに一役を果たしてきたという点は明白でしょう。けれども、それは宗教そのものが戦争の原因であるという、宗教批判家たちの論旨を立証するでしょうか。その答えは「然り」でもあり、「否」でもあります。二次的要因においては「然り」、宗教は少なくとも表面上は多くの紛争の誘発要因となってきました。しかし、宗教は決して戦争の主要因ではないという点では、その答えは「否」なのです。

この点を説明するために、20世紀の例を見てみましょう。誰に言わせてみても、20世紀は人類史上、最も残虐な100年間の一つでした。 宗教とは全く関係のなかった二つの世界大戦、ユダヤ人ホロコースト、そしてロシア、中国、東南アジア、キューバにおける共産革命によって、五千万人から七千万人(中には上は十万人とまで推定する人たちもいます)の死が説明されています。これらの紛争や大虐殺に一つ共通しているのは、それらが本質的に宗教的ではなくイデオロギー的であったという事実です。人類の歴史を通して、宗教によるよりも、イデオロギーのために命を落とした人々の方が多いことは、容易に論証することができます。共産主義のイデオロギーは必然的に他者に対する支配を伴います。ナチスのイデオロギーは「劣等」民族の排除を余儀なくさせました。これら二つのイデオロギーだけでも何百万人もの死の原因となっています。そして宗教はそれには全く関係がなかったのです。事実、共産主義は定義上からして、無神論的なイデオロギーなのです。

宗教とイデオロギーは、両者共に戦争の二次的要因なのであり、すべての戦争の主因は罪なのです。以下の聖句を考察してみましょう。

「何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いがあるのでしょう。あなたがたのからだの中で戦う欲望が原因ではありませんか。あなたがたは、ほしがっても自分のものにならないと、人殺しをするのです。うらやんでも手に入れることができないと、争ったり、戦ったりするのです。あなたがたのものにならないのは、あなたがたが願わないからです。願っても受けられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです」(ヤコブの手紙 4:1-3)。

「悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしりは心から出て来るからです」(マタイの福音書 15:19)。

「人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう」(エレミヤ書 17:9)。

「主は、地上に人の悪が増大し、その心に計ることがみな、いつも悪いことだけに傾くのをご覧になった」(創世記 6:5)。

戦争の主な原因に関して、聖書は何と言明しているでしょうか。それは私たちの悪い心なのです。宗教やイデオロギーはただ私たちの心にある悪を行使するための手段に過ぎません。多くの率直な無神論者たちのように、私たちがもしも「役に立たない宗教の必要性」をどうにかして取り除くことができれば、より平穏な社会を作り上げることができると考えることは、人間の本質に関して誤った見方をしていることになります。人類の歴史が証明しているのは、もしも私たちが宗教を取り除けば、他の何かがそれに取って代わることになり、その何かとは、決して好ましいものではないのだということです。事実、真の宗教は堕落した人類を抑制します。それがなければ、悪と罪が覇権を握ることになるでしょう。

キリスト教という真の宗教の影響をもってしても、今のこの時代において私たちが平和を見ることは決してないでしょう。世界のどこかで何らかの紛争がない日は一日としてありません。戦いを唯一解決することができるのは平和の君、イエス・キリストだけなのです!キリストが御約束通りに再臨する時、主は今のこの時代を終わらせ、永遠の平和を打ち立てるのです。



日本語のホームページに戻る



ほとんどの戦争の原因は宗教なのでしょうか?